タックル

スイムベイトやワームの補修は「Fix-A-Lure」一択だよね。

2016年4月30日

  1. HOME >
  2. フィッシング >
  3. タックル >

スイムベイトやワームの補修は「Fix-A-Lure」一択だよね。

2016年4月30日

ワームやスイムベイトの補修って、皆さんどうしてますか?

まさか、一回使ったらポイッって感じじゃないっすよね!?

ワームならそうしているお金持ちの人もいると思いますが、さすがにスイムベイトは無理っしょ~w

高いから使い捨て出来ない・・・というのもありますが、最近ではなかなか手に入らないような、レア度の高いスイムベイトも少なくないので、補修して使わないともったいないっすよね!

 

この記事の内容

  • Fix-A-Lureとは

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

Fix-A-Lure

SPIKE-IT/スパイクイット Fix-A-Lure/フィックスアルアー
スパイクイットという海外のメーカーから発売されている、Fix-A-Lureというワーム補修ボンドがあります。

昔のハドルボンドのようなものなんですが、これがスイムベイトやワームの補修に凄く良いんです。

ハドルボンドも凄く良かったんですが、残念ながら生産終了?してしまって、手に入らなくなってしまいましたよね。

 

Fix-A-Lureは、そのハドルボンドの代替品といってもいいぐらい、まんまっすw

まさに、ハドルトラウトにもバッチリっす!

 

まとめ

スイムベイトと違い、ワームなんかだとライターで補修することも出来るんですが、意外と表面だけしかくっついてなくて、ワンキャストでまた切れてるなんてこともあると思います。

このFix-A-Lureなら、ワームもガッチリくっつきます!

値段もリーズナブルですし、このFix-A-Lureは超オススメっす!

「あれ!?新品のワーム、もう買わなくていいんじゃねーの!?」って錯覚するぐらいです。

 

はっきり言います。

 

錯覚ですw

 

 

よく読まれている記事

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-タックル
-,

© 2020 モリタクブログplus