【ビッグベイト】タックルはコレで決まりだ!おすすめをまとめてみた!

2019年3月16日

  1. HOME >
  2. フィッシング >
  3. タックル >

【ビッグベイト】タックルはコレで決まりだ!おすすめをまとめてみた!

2019年3月16日

ビッグベイトのタックルに迷ったら、この記事を読んで欲しい。

ビッグベイトルアー、ロッド、リール、ライン、収納ケースと、各アイテムごとの記事をまとめてみた。

俺的なこだわりがガッツリ入っているが、参考に出来るところをピックアップしてみてくれ!

ビッグベイトタックル:おすすめルアー

沢山のビッグベイト

最近の俺は、ジョインテッドクロー178、ジョインテッドクローマグナムといったビッグベイトルアーを中心にして釣りをしている。

ハドルトラウト8インチなどのスイムベイトも良く使う。

この他に使うルアーはバラム300やタイニークラッシュ、ビッグワームぐらいかなぁ。

池原ダムは、ビッグベイトを中心にしたタックルセレクトと非常に相性が良い。

「ビッグベイトのみ」や「ライトリグでのサイトのみ」など、尖ったフィッシングスタイルを貫くと結果が出やすいフィールドだと感じる。

その中でもビッグベイトスタイルは、割と簡単にロクマルが釣れるフィッシングスタイルだと思うぞ~。

ビッグベイトタックル:おすすめロッド

GAN CRAFT ロッドベルト Mサイズ

ビッグベイト用ロッドのおすすめは、デッドソード、デッドソードマグナム、デッドソード尺ワンの3タイプ。

個人的にはスタンダードといったロッド達だが、ジャイアントベイトをやらないのならデッドソードとデッドソードマグナムの2タイプでいい。

特に池原ダムで釣りをする場合は、この2タイプのロッドは外せない。

ビッグベイトのタックルは、特にロッド選択が重要だと感じる。

リールやライン、ルアーなどは、新製品が出るとそれに代わることが多いが、ロッドはかなり長いこと同じものを使っている。

俺的にデッドソードとデッドソードマグナムは、もはや殿堂入りロッドと言ってもいい存在だ。

ビッグベイトタックル:おすすめリール

シマノ アンタレスDC MD

2021年のビッグベイト用おすすめリールは、シマノ アンタレスDC MDの一択だ。

個人的にDC音は昔からあまり好きではないのだが、性能で選ぶとアンタレスDC MDになってしまうから仕方がないなぁw

特に春は強風が吹くことが多いのだが、アンタレスDC MDだと全く気にならない。

ビッグベイトは空気抵抗が大きいため、強風には特に弱いルアーだ。

状況的に向かい風でキャストをしなければならない時に、アンタレスDC MDがめちゃくちゃ活きてくる。

また、風がない時でもよく飛ぶリールなのでポイントと距離を取れるため、釣果向上に一役買ってくれるぞ~。

ビッグベイトタックル:おすすめライン

おすすめライン

基本的には、ビッグベイトのラインはフロロラインがメインになる。

表層でビッグベイトを使う時のみ、ナイロンラインを使うといった感じだ。

中層の釣りをメインでやっている俺が、絶対的に信頼しているラインはG-BLOOD FCだ。

リーズナブルなフロロラインなので、しょっちゅう巻き替えても経済的負担が少ない。

なるべく新しいラインを使うことで、いろいろなトラブルを回避できる。

また、ラインは新しい方が巻き癖もなく、ビッグベイトを操作しやすいといった一面もある。

ビッグベイトタックル:おすすめ収納ケース

GB-42 Ver.Ⅱ

GB-42 Ver.Ⅱと「VS-3043NDD」「VS-3043NDDM」「VS-3043ND-2」の組み合わせが快適過ぎる。

ビッグベイトの収納は、コレがマジでおすすめだ。

ビッグベイトだけでなく、ジャイアントベイトも難なく収納出来るぞ~。

また、複数の「VS-3043NDD」「VS-3043NDDM」を用意することで、季節ごとに入れ替えて使うこともできる。

俺の場合は、プリスポーン用、ミッドスポーン用、アフタースポーン用を入れ替えている感じ。

「VS-3043ND-2」にはフックやシンカーなどの、一年中使うものを入れているぞ~。

ビッグベイトタックル:まとめ

俺的ビッグベイトタックルは以上だ。

参考に出来るところがあれば、取り入れてみてね!

釣果が上がれば、それも合わせて報告していくぞ~!

-タックル
-, , , ,