この記事の所要時間: 331

image

ありがたいことに、最近Twitterの方に質問やリクエストがガンガン来ております!

その中でもジョイクロの使い方をもっと詳しく解説してくれ~!という要望が、一番多いっす。

そこで、せっかくですのでそんな要望にお応えしてみようと思います!

今回から数回に分けて、ジョイクロの具体的な使い方を書いていこうと思います!

ジョイクロを買ったけど、イマイチ使い方がわからない。もしくは、使ってみたけど全然釣れないっ!っていう人もいると思います。

そんな人達のヒントになれば幸いです!

さらに、ジョイクロはこれから迎えるプリスポーンの時期を攻略するためには外すことの出来ない、主軸となるルアーの一つです。

使い方をマスターすれば、ビッグバスも夢ではありませんよ〜!

今回は初級編と題して、ジョイクロの基本的な使い方を詳しく書いていきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね~!

 

ジョイクロの巻き方

ジョイクロの使い方がイマイチわからない…そんな人が一番気になるのが、釣っている人はいったいどんな巻き方してるの⁉︎ってことじゃないでしょうか。

釣っている人の巻き方は、ゆっくり一定にただ巻きが大半だと思います。

この巻き方は、特に春のプリスポーンの時期にめちゃくちゃ有効ですので、ぜひマスターして下さいね!

キモとなるのは、ラインにテンションをかけないようにすること。

テンションをかけてしまうと、バスに見切られることが多くなってしまいます。

キャスト後、ロッドは動かさないようにして、リールだけでラインスラッグをゆっくり巻き取る感じです。

イメージとしては、テキサスリグのズル引きやキャロのズル引き!

しかも、それをリールだけで一定にやる感じ。

タックルセッティングに間違いがなければ、ラインは弛んでいてもバイトはしっかり感じることが出来るはずです!

 

ジョイクロを通すコース

ジョイクロを通すコースは、一直線が基本です。

キャストした場所から自分の足元まで、一直線に引いてきて下さい。

ボートで移動しながらのキャストや、オカッパリで歩きながらのキャストでは、ジョイクロの軌道が弧を描いてしまいます。

弧を描くと、ラインにテンションがかかってしまうので、バスに見切られることが多くなってしまいます。

キャストする前に、ジョイクロを通すコースを頭の中で描いて、それからキャストすると上手くいきますよ。

 

ジョイクロで攻めれるレンジ

ジョイクロで攻めることが出来るレンジはそんなに深くはありません。

せいぜい2〜3メートル程度でしょうか。

しかし、存在感からくる圧倒的な集魚力で、それ以上の水深からバスを寄せてくることが可能です。

湖の透明度にもよると思いますが、池原ダムでは水深4〜5メートルぐらいまでなら射程圏内に入ると思います。

これは4〜5メートルの水深にジョイクロを通すという意味では無くて、水深2〜3メートルにあるジョイクロに4〜5メートルの水深に居るバスを寄せてくるという意味です。

 

まとめ

ジョイクロの使い方は、ゆっくり一定にまっすぐただ巻きっす。

コレが基本になりますので、しっかり覚えて下さいね!

今回の初級編では、基本的な使い方を書いてみました。

基本中の基本になるので、きっちりマスターして下さいね!

では、次回の中級編をお楽しみに〜!

ジョイクロの使い方、春のプリスポーン攻略「中級編」
今回は、ジョイクロの使い方「中級編」と題しまして、より実戦的なジョイクロの使い方などを書いていこうと思います!前回書いた記事の、ジョイクロの使い方「初級編」...

ジョイクロ関係の記事をまとめてみた!
ジョイクロ関係の記事がそこそこ貯まってきたので、ここらで一回まとめてみました。整理して観やすくしちゃいます!俺は基本的に春特化型の釣りをするので、春をイメー...

モリタクブログplusのFacebookページに
いいね!お願いしま~す!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!