タックル

S字系ビッグベイト専用フロロカーボンライン「G-BLOOD FC」はリーズナブルで使えるやつだ!

2014年10月24日

  1. HOME >
  2. フィッシング >
  3. タックル >

S字系ビッグベイト専用フロロカーボンライン「G-BLOOD FC」はリーズナブルで使えるやつだ!

2014年10月24日

俺は今まで、ジョインテッドクローなどのビッグベイトの釣りをするときに、東レのラインを好んで使っていたんだ。

しかし、GAN CRAFTからS字系ビッグベイト専用フロロカーボンライン「G-BLOOD FC」が発売されることになったので、ラインを全てこちらに変更することにした。

製造メーカーが変わるので、若干気を付けた点などもある。

 

この記事の内容

  • G-BLOOD FCとは
  • 気を付けた点

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

G-BLOOD FC

G-BLOOD FC

S字系ビッグベイト専用フロロカーボンライン

● 水中でのラインの表面の乱反射を抑えることでバスへのプレッシャーを軽減し、ルアーの存在感をアップ させる「GAN’S REAL GRAY」カラーを採用。

● フロロカーボン100% 耐摩耗性に優れ、S字系が得意とするボトムやストラクチャーを利用した釣りにも 最適。高次元な結束強度と強靭なネバリでスーパービッグバスとのファイトにも対応。

● 【巻く】【沈める】【止める】【流す】など、ジョインテッドクロー本来の動きを損なわない低伸度・高 比重設計。

● 直線性に優れたクセの付きにくい完全並行巻きスプーリング。

このS字系ビッグベイト専用フロロカーボンライン「G-BLOOD FC」というラインは、特長のひとつに水中でライン表面の乱反射を抑える為のカラーを採用してるという点があるんだ。

これは池原ダムなどのクリアレイクでのビッグベイトの釣りでは、特に有利になると思った。

また、フロロカーボンラインの割にリーズナブルな点も凄くいい!

 

強度面に関しても問題ない。

俺は既にG-BLOOD FCを使ってロクマルも釣っているので、強度は一切心配ないと言い切れるぞ~!

リーズナブルなので、頻繁に巻き替えても気にならないしね!

 

気を付けた点

今まではビッグベイトの釣りで東レのラインを使っていたんだけど、実は東レのラインは他のメーカーより若干太いんだ。

そのため、俺がG-BLOODにラインを変更する時に一番気にした点は、今まで使っていた東レのラインと同じ太さに合わせるということだった。

ジョインテッドクローのようなS字系ビッグベイトやスイムベイトなどのルアーでの釣りでは、中層を漂わせるようにルアーを操作することが多い。

 

そのため、ラインとルアーのバランスはとても重要だと思う。

自分でラインとルアーがベストバランスと感じているものを崩さないように、ラインの太さを合わせるように気を使った。

lb数はワンランク変わることになったが、太さを合わせることによって水中での水の抵抗が今までと同じになる。

 

また、ラインの重さも同じぐらいになってくる。

そのため、キャストからリトリーブまで今まで通りのビッグベイトでの釣りのフィーリングと、なんら変わらず違和感なく使うことが出来た。

 

まとめ

ラインのメーカーが変わると今回の俺のケースのように、同じlb数でも多少ラインの太さの違いがある場合がある。

なので、ラインの銘柄やメーカーを変更する場合は、単純にlb数を合わせるのでは無く、ラインの太さを合わせるようにすると、違和感無く変更することが出来るのではないかと思うぞ~!

特に、中層を釣るビッグベイトの釣りでは気を付けたい部分だ。

良かったら参考にしてみてくれ!

 

よく読まれている記事

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-タックル
-, ,

© 2020 モリタクブログplus