タックル

【LOWRANCE Point-1】高性能アンテナでピンポイントを狙い撃ち!

2014年11月9日

  1. HOME >
  2. フィッシング >
  3. タックル >

【LOWRANCE Point-1】高性能アンテナでピンポイントを狙い撃ち!

2014年11月9日

俺は超久しぶりに風邪をひいてかなりダウン気味なんだけど、皆さんは大丈夫っすか!?

季節の変わり目は風邪をひきやすいと思うので、気を付けて下さいね~。

さて本題ですが、LOWRANCEからPoint-1というアンテナが発売されている。

 

発売当初には、自船の速度が1km以下になるとフリーズしてしまうという不具合が確認されていたようなんだけど、現在はバージョンアップ(バージョン1.3から)により解決しているそうだ。

Point-1は、GEN2からのHDSにしか対応していないという話しだったんだけど、どうやらGEN1にも対応しているそうなんだ。

で、このPoint-1というアンテナの性能が凄いらしいんだ!

 

この記事の内容

  • Point-1について

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

Point-1

Point-1

  • DGPS(SBAS):32チャンネルGPS+ヘディングセンサーのハイブリットデバイス
  • 10回/秒の座標更新:非常に正確で迅速にボート位置と速度を更新 (従来機:LGC-4000は5回/秒)
  • 停船時での船首方位を正確感知:レーダー/チャートオーバーレイにより正確なボート船首方向を検出
  • NMEA 2000®ネットワーク対応 GPS内蔵機種に接続すれば、精度が格段に向上:HDS Gen2・HDS Gen2 Touch・Elite7/5HDI
  • 完全防水

俺は現在HDSのGEN1にLGC-4000を付けているんだけど、LGC-4000は1秒間に5回の座標位置計測をするんだ。

しかし、Point-1は1秒間に10回の座標位置計測をする!

これにより、今までよりもポイントの座標位置の誤差が少なくなるため、山間部にある池原ダムでもかなり高い精度で、ピンポイントを表示してくれるのではないかと思っている。

 

そして、このPoint-1には、ヘディングセンサーも内蔵しているんだ。

ヘディングセンサーは絶対に必要だからね。

俺はヘディングセンサーを付けているので大丈夫だけど、付けていないと凄い事になるみたいなんだ。

 

HDSの画面が、突然全面真っ黒とかw

自分のボートの居る位置が、いきなりワープしてどこにいるのか分からないとかw

なので、ヘディングセンサー内蔵はありがたいね~。

 

特に、Point-1なら後から別でヘディングセンサーを付ける必要が無いので、手間もコストも削減できる。

うーん、コストは分からんなwww

このPoint-1っていうの、けっこうな価格するからねwww

まあでも、この価格でこの性能なら安いかもしれんけどね!

 

Point-1を想像してみた

で、Point-1を実際に池原ダムで使うことを想像してみたんだ。

 

あ~、このPoint-1、

沖にある水中立ち木を狙い撃ちすんのにあったら良いな~

きっと楽しいだろうな~

 

 

なんて考えてたら・・・

 

 

ポチッてしまった!

気付かないうちに!!

風邪って怖いですね~w

皆さんも風邪には気を付けて下さいね~www

 

よく読まれている記事

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-タックル
-

© 2020 モリタクブログplus