ビッグベイト用リールには絶対に必要なことが2つある

2016年3月19日

  1. HOME >
  2. フィッシング >
  3. タックル >

ビッグベイト用リールには絶対に必要なことが2つある

2016年3月19日

デッドソード尺ONE

デッドソード尺ONEに着けるリールは何にするべきか。

俺的にはジョイクロマグナム以上の重量級ルアーを扱うロッドだと、やっぱりアンタレスHGにしたいところだ。

大型ビッグベイトの釣りに使うリールは、トーナメントで使うリールとはまた違った部分が必要になってくる。

今回は、その辺りの話しをしたいと思う。

 

この記事の内容

  • 剛性感が必要
  • 十分なラインキャパシティーが必要

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

剛性感が必要

大型ビッグベイトなどのように、投げるルアーが極端に重くなってくると、リールもある程度の重量と、剛性の高さが必要になってくる。

サイドハンドでちょい投げ程度ならどんなリールでも大丈夫だと思うが、オーバーヘッドでフルキャストするとなると、ちょっと話しは変わってくる。

ある程度重量があり、更に剛性が高いリールじゃないと、ふわふわ感が出てきてキャスト精度が定まらなくなってきちゃう。

 

これは、4oz以上のルアーをフルキャストすると、かなり分かると思う。

たぶんこの4oz辺りが境目なんじゃないだろうか。

なのでジョイクロ178とかは、わりと軽量化に重きを置いたリールで投げても全然大丈夫なんだ。

むしろ、軽いリールの方が使いやすいと思う。

 

しかし、ジョイクロマグナムやハドルトラウト8inぐらいのルアーになってくると、ある程度重量があり剛性の高いリールが必要になってくるんだ。

まぁ、どんなリールでも投げれんことは無いんだけどね。

重量があって剛性の高いリールの方が、キャスト精度が上がるよ!って話し。

アンタレスHGはこの点をクリアしているので、デッドソード尺ONEにはアンタレスHGでいきたいと思う!

 

十分なラインキャパシティーが必要

アンタレスHG

ただ、このアンタレスHGは、使用するラインをフロロ25〜30lbぐらいにしようとすると、ラインキャパがかなり苦しい。

なので今回、ノーマルのスプールから、深溝スプールに変更してみた。

本来ならZPI製のスプールにしたいところだが、残念ながら12アンタレスHG用のZPIスプールは無いので、今回は夢屋の深溝スプールをチョイスしてみた。

 

これでなんとか、フロロ30lb前後は対応出来るんじゃないかなぁと思う。

しかしそれよりも、

フロロ30lbが全然売ってねーぞw

 

まとめ(※2019年追記)

近年、ビッグベイトを視野に入れたリールが大きく進化してきた。

まず、2016年の11月にGAN CRAFTとDAIWAのコラボ第2弾として発売されたTATULA MAGO HDが凄く良かった。

ラインキャパシティーが25ポンド100mという、大型ビッグベイトには最高のものだった。

使ってみた感想は、巻き心地はシマノのアンタレスHGにかなわなかったが、その他は全て上だった。

 

しかし、その後シマノからアンタレスDC MD XGが発売される。

このリールの出現によって、再びシマノのリールを使うこととなった。

剛性感と十分なラインキャパシティーを備え、更に素晴らしいブレーキ性能を装備したリールだ。

2019年、ビッグベイト用としてこのアンタレスDC MD XGを超えるリールは未だに発売されていない。

 

関連記事
【ジョイクロの使い方】基本から春のプリスポーンバス攻略までを解説!

続きを見る

-タックル
-,