これがベイトフィネスの真実!そして使いこなすための極意とは!?

この記事の所要時間: 237

37-1c28a

ベイトフィネスのキモはブレーキセッティングにあるといってもいい。

使うルアーの違いや、風や雨などの気象条件の違いによって、ブレーキセッティングを変えていかなければ、快適に使い続けることはなかなか出来ません。

結構これはハードルが高くて、私のようにあまりベイトフィネスをやり込んでない人には、挫折する大きなきっかけになってしまいます。

 

【関連記事】【ZPI】待望のタトゥーラSV用NRCスプールが登場だ!!

 

ベイトフィネスのキモはブレーキセッティング

42

しかし、コツさえつかめばブレーキセッティングなんてわりと簡単なんですよ!

では、私が現在使っているBFCアルデバランmg7のマグネットの位置を写真で公開してみます!

このマグネットの位置を参考にしてみて下さい。(マグネットは全てスタンダード#10です)

使うロッドとの関係もあるので、多少の微調整は必要かもしれません。

これでもバックラッシュしてしまう場合は、少しずつマグネットを足していく方向にブレーキセッティングをしてみて下さい。

 

ベイトフィネスの極意

 で、ここからが大事です!

ぶっちゃけ、これこそがベイトフィネスの極意なんですが、「ニワカは無理をしちゃいかんw」もうこれに尽きます!

 

このブレーキセッティングは、一般的なベイトフィネスに適したルアーとラインの太さなら、ほとんどストレス無く無難に使えるブレーキセッティングになっています。

このブレーキセッティングでも上手く扱えない場合は、ラインの太さや使うルアーの重さなどのどこかに無理があるはずなのです。

 

TP50プロのような、全てのルアーや状況に合わせるキャストは、タックル数や技術量が必要です。

タックル1セットでは限界があるうえ、技術面でもとても片手間で出来るものではありません。

無理なものは無理と諦めましょうw

 

「どうしても俺は1gのスモラバをベイトフィネスで使いたい!」などと諦めることが出来ない場合は、そのルアー専用のタックルを用意して、そのルアーのためだけのブレーキセッティングが必要になってきます。

 

なぜなら、そのルアーに合わせたブレーキセッティングだと、今度は一般的なベイトフィネスに適したルアーには、ブレーキが合わなくなるからです。

しかも、結構シビアなブレーキセッティングが必要になってくるはずですので、なかなか一筋縄ではいかないと思います。

 

まとめ

しかし、諦めること無く苦労してそのブレーキセッティングがキマったときには、きっとあなたは一皮剥けて、すっかりニワカではなくなっているはずです!(キリッ

以上、ニワカがお伝えしました~w

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧