TATULA MAGO HDを開封して写真撮影してみたので観てくれ!

この記事の所要時間: 223

今週はスポット的に数日間だけだが、遠征先から我が家に帰ることが出来た。

チャンスがあれば12月の池原ダムを満喫しに行きたいと思っているんだけど、今のところは未定だ。

しかし、いつでも行けるように準備はしておこうといった感じで、とりあえずタックルの準備をしておくことにした。

このタイミングで、10月にGAN CRAFTから送ってもらったTATULA MAGO HDを開封してみた。

 

【関連記事】リクエストがあったのでTATULA MAGO HDの写真を更にお届けする!

 

TATULA MAGO HD

tatula-mago-hd-01

TATULA MAGO HDのスペックなどは、こちらの記事で詳しく書いているので参考にしてもらいたい。

 

TATULA MAGO HDの外観

今回は、TATULA MAGO HDをデッドソード尺ONEと合わせてみた。

やはり、GAN CRAFTのスパイスが入ったリールなので、GAN CRAFTのロッドにはめちゃくちゃ合うといった感じがする。

 

TATULA MAGO HDの使いどころ

ちなみに、TATULA MAGO HDの重量は230gなので、最新鋭の軽いリールといった部類ではない。

しかし、この手のリールはジョイクロマグナムや尺ONEといった重量級ルアーとの相性が、最新鋭の軽いリールよりも良いと思うんだ。

重量級ルアーに使うリールには、ある程度の重量と剛性が必要になってくると思う。

このある程度の重量と剛性が、キャストアキュラシーに繋がってくる。

 

また、TATULA MAGO HDのラインキャパは25lbで100mなので、そういった点でも重量級ルアーに凄く合っていると思う。

ラインキャパが少ないと、ロングキャストが必要な場面で不安要素が出てくる。

まさに、池原ダムのビッグベイトに最適なリールといった感じだっ!!

 

まとめ

TATULA MAGO HDは、もはや俺用に作られたリールなんじゃね!?と疑うレベルですw

 

 

本当にありがとうございましたwww

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧