七色ダムでの熱き戦い!

この記事の所要時間: 533

先週は池原ダムではなく、10年ぶりぐらいに七色ダムで釣りをしてきました。

その目的はというと、七色ダムで開催される、N-1グランプリという大会に出場するためです!

 

【関連記事】第4回N-1グランプリが七色ダムで開催された!

 

N-1グランプリ

50

このN‐1グランプリという大会は、池原ダム、七色ダム、琵琶湖などを中心とした、西日本の釣り場で活躍しているアングラーの中で、大会運営側に認められてオファーが無ければ、出場したくても出場出来ないという、ちょっと特殊な大会です。

 

そんな大会が開催されようとしていると、前々から話には聞いていました。

それが今回実現されることとなり、なんと私にもオファーがありました!

これは名誉なことだと思い、出場することにしました!

 

フィールドコンディションへの影響なども考慮され3本リミットの総重量制で、出場選手は8人まで絞られての開催となりましたが、その面子が凄かったです!

プラクティスの段階から、もう一切勝てる気がしませんでしたw

 

プラクティス

そのプラクティスを終えた時点での、ある程度の試合予想はというと・・・

  • まず、湖の状況からして、完全ネスト戦である。
  • キッカーになるであろう3キロ(55センチ)以上の魚は、めちゃくちゃ少ない。
  • 私が見つけたその少ないキッカーは、高確率でバッティングしているw
  • さらにキッカーは、減少傾向にある。
  • しかし、全て1キロ(40センチ)以上のメスで揃えなければ、上位には食い込めない。

といった感じでした。

 

そして私はプラクティス終了時点で、バッティングが確定している3キロ1本wと、2キロ強(50センチ)1本と1キロ強のメスを3本みつけていたのですが、他の選手は3キロどころか4キロ(60前半)を見つけてる方もいて、あ~こりゃ太刀打ち出来んわwといった感じでした。

 

さらに、前夜祭で当日のフライト順を決めたんですが、なんと6番目w

この時点で、バッティングしている3キロは戦略から消えることとなりましたw

 

N-1グランプリ当日

securedownload20281529-thumbnail2

そして迎えた当日の朝、スタート後、まずは近場から昨日見つけておいた場所に入って行きましたが、結構、魚が消えてる・・・

4本中2本だけ残ってて、サイズは2キロ強と1キロ強といったところ。

まずは2キロ強のほうからアタック開始。

 

1投目、難なく食ってきたけどフッキングミスw

2投目、ちょっと難しくなったけどなんとか食わしたが・・・フッキングミスw

3投目、一生釣れない魚に変身w

 

気を取り直して1キロ強のほうへアタック。

1投目、一生釣れない魚だと判明w

この時点で、プラクティスで見つけた魚は全ていなくなっちゃった・・・

試合では1ミスの影響がでかいっすね・・・

 

ここで同じミスをしないために、何がダメだったかちょっと考えてみました。

まず、魚に対してルアーがでかい。そして、タックルも強すぎ。

ルアーを一口サイズに落として、タックルも一段弱めに変えて、気を取り直して、出会い系サイトフィッシングに作戦変更です!

 

まずは、400グラム程度を2本釣り、その後延々とサイトをして、なんとか1100グラム程度の魚をゲット!

この時点で2キロ弱ですが、この後直ぐに強風が吹きサイト不可能に。

 

湖上で各選手に会ったときに、釣果を聞いてみると・・・なんと、みんながミスしてるw

その結果、思っていたより釣れていないw

 

この2本の400グラムを入れ替えれば、いけるかもしれんw

 

そう思った瞬間、風がやんでベタなぎ状態に!

今日まだサイトしていなかった場所を重点的にサイトしていくと、深いところで黒い影を発見!

1投で食わしてキャッチした魚は約1500グラム!やったw

あと1本、最低あと1本入れ替える!と自分に言い聞かせ、対岸に移動しゆっくり流すと、これまた深いところで魚を発見!

やったwいやいやまだ気が早いw

どうせ深くて見えなかったので、少しボートポジションを沖に取りオフサイトで釣ると、コンッ!

瞬間的に合わせたが、あれ!?オス!?と思って躊躇していると、ジャンプでばらした!

 

やっちゃったwこの期に及んでやっちゃったw

ばらしたのはたぶんオス。でも800グラムぐらいあったw

どっちにしろ入れ替え出来たやんかw

 

その後、確認したが魚の気配が無かったので他を探すことに。残り時間はあと一時間半!

しかし、見つからない・・・

しょうがないからもう一度、ばらした場所に戻り確認すると、一瞬魚が見えた・・・が・・・、おもいっきり逃げた~w

 

自分に「たかだか40アップだ!60じゃないんだからチョロい!」と言い聞かせ、さっきよりも距離をとりオフサイトで1投・・・食わん・・・

長時間シェイクしながら、オスでも入れ替えできるなと、確認するように考える。

 

そして、ピックアップしようとした瞬間に、ゴンッ!と食った~!

フッキングして、水中の魚体を確認すると、メスだ~wやった~w

いやいやまだ気が早いw

慎重に、慎重に、ばらさないようにキャッチ!

 

よっしゃ~!入れ替えた~!!

 

いや、待てよ・・・

条件は同じだからみんな釣ってるかも知れん・・・

そう思い残り時間キッカーを探したが見つからず、帰着時間となってしまいました。

 

結果

そして検量が終わり、結果は・・・

第3位 3250g/3本、
1754-3
奥田学氏!

 

 

第2位 3560g/3本、
1754-2
中村哲也氏!

 

 

優勝! 3770g/3本、
1754-1
俺www

 

 

優勝しちゃいましたw

しかも、この二人を抑えて優勝しちゃいましたw

そして、N‐1グランプリ初代チャンピオンになってしまいました~www

応援してくれた皆さん、ありがとうございました!!

 

 

securedownload20281329

【タックルデータ】
ロッド:BARREL(バレル) KGB-00 5-710H
リール:メタmg7+ZPI
ライン:G-BLOOD 16ポンド
ルアー:ジャバロン90のヘビーダウンショット(シンカー10g)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧