タックル

スイムベイト「SAVAGE GEAR 3D Line Thru Trout」をチューニングしてみた!

2015年3月31日

  1. HOME >
  2. フィッシング >
  3. タックル >

スイムベイト「SAVAGE GEAR 3D Line Thru Trout」をチューニングしてみた!

2015年3月31日

ボート

4月からの池原ダム釣行に向けて、現在いろいろ準備を進めているんだけど、今日はガレージに行ってボートの様子を見に行って来たんだ。

結果、ボートのバッテリーがバッチリあがっていたw

とりあえずバッテリーが完全にあがってしまっているので、動作確認もまったく出来ない状態だった。

なので、今日のところはバッテリーを充電して帰ってきたw

 

この記事の内容

  • SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutをチューニング

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutをチューニング

ガレージに行ったついでに、ボートのストレージからワイヤーやスリーブなどを持って帰ってきて、ラインスルー使用の「SAVAGE GEAR 3D Line Thru Trout」の8インチを、ワイヤーを使ってチューニングしておいた。

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutをチューニング

ラインスルー使用は面倒くさくて、実際に現場では使いにくいからね。

ラインの結び直しやルアーチェンジがストレスになってしまうので、一手間加えて現場でも使いやすくなるようにしてみた!

 

 

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutをチューニング‐2

この「SAVAGE GEAR 3D Line Thru Trout」なんだけど、個人的には今シーズンの池原ダムでの釣りで、一番可能性を秘めているルアーなのではないかと思っている。

使い方次第では、池原ダムでは凄いルアーになるような予感がする!

 

フローティングタイプの8インチはヤバそう

特に、フローティングタイプの8インチはヤバそうで、食わせのルアーとして、今シーズン大活躍してくれそうな気がする!!

実際に使ってみて、良かったらまた報告したいと思うが、あまりにも凄くて、コレは黙っとこ!と思ったら、報告しないかも知れないので、よろしくですw

 

関連記事
クラブイケハラのデモ艇が最高だった!しかし釣果は最低だったwww

続きを見る

関連記事
クラブイケハラのデモ艇「kimple 488TF」のデッキレイアウト解説動画を作ったので見てくれ!

続きを見る

よく読まれている記事

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-タックル
-,

© 2020 モリタクブログplus