GoPro HERO4の使い方が広がった!

先日、GoPro HERO4 Sessionが発売されたことをお伝えしましたが、今度は、GoPro HERO4 シルバー/ブラックの、新ファームウェアv03.00がリリースされました!

これにより、GoPro HERO4の使い方が一層広がることとなりました!

 

【関連記事】GoPro HERO6 Blackを外部マイク化したのでレビューする!

 

主な変更点

今回の変更点は主に、

  • 新機能「インカメラ ビデオトリミング」が追加された。
  • 動画撮影時の「ISOリミット」設定値が増加された。
  • 動画のデフォルト設定が1080p/60fpsに変更された。
  • スマホ操作時にサムネイルを大きく表示できるようになった。
  • タイムラプス撮影時のバッテリー消費を従来よりも抑えた。
  • カメラ本体で英語以外に中国語表示が可能になった。

などなど、GoPro HERO4の使い方がより簡単になるように、改善がされています。

 

注目改善点

その中でも特に気になったのは、新機能「インカメラ ビデオトリミング」の追加ですかね!

この「インカメラ ビデオトリミング」はHERO+LCDに搭載されていて、使い方も簡単で好評だったようで、今回、GoPro HERO4ブラック/シルバーにも追加されました。

 

 

GoPro HERO4シルバーの場合、カメラ内蔵のLCDパネルで、GoPro HERO4ブラックの場合は、オプションのLCDタッチバックパック3rd装着時に、タッチパネル操作でその場で簡単にビデオの余計な部分をトリミングできる機能で、使い方も簡単ですのでオススメです。

現場で、おおよそのトリミングをしておけば、その後の編集作業が楽になりますからね!

 

さらに、使い方も特に難しいことはないので、GoPro HERO4をお持ちの方はガンガン使っていきましょう!

アップデートの方法は簡単で、スマホのGoPro APPと、PCならフリーソフト「GoPro Studio」から、簡単にアップデートすることが出来ます!

GoPro HERO4の使い方がより簡単になる機能ですので、ガンガン使っていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧