【GoProアクセアリー】ザ・リモートは超絶進化したリモコンだった!

2021年5月6日

  1. HOME >
  2. GoPro >
  3. アクセサリー >

【GoProアクセアリー】ザ・リモートは超絶進化したリモコンだった!

2021年5月6日

GOPro ザ・リモート

GoProの新しいアクセサリー、ザ・リモートを手に入れた。

ザ・リモートは、GoProを遠隔操作するためのリモコンで、スマートリモートの進化版になる。

使ってみるとその進化の度合いが素晴らしくて、久しぶりに感動したGoProアクセサリーだ!

ザ・リモートの特徴

ザ・リモートの特徴

ポイント

ザ・リモート

  • 防水性能:5m
  • 対応範囲:60m
  • 同時操作:5台

ザ・リモートとは、GoPro HERO8 Black、GoPro HERO9 Black、GoPro MAXの3機種に対応した、GoProの遠隔操作を可能にするリモコンだ。

防水性能は5m、対応範囲は最適な条件で60m、最大5台までのGoProを同時操作可能。

付属品はストラップとUSB-Cケーブルで、充電方法はUSB-Cケーブルでの充電となる。

以前販売されていたスマートリモートには、大きな欠点が二つあった。

それは、リモコン自体のバッテリー持ちの悪さと、GoProとの不安定なペアリング性能だった。

ザ・リモートはこの二つの欠点が改善されていて、使い勝手がもの凄く良くなった。

ザ・リモートのバッテリー持ちは驚異の60時間

ザ・リモートがスマートリモートから大きく進化した部分は、接続方法がBLE (Bluetooth Low Energy) になったことだ。

これによって、ザ・リモートとペアリングしたカメラの両方のバッテリー駆動時間が、旧モデルのスマートリモートと比べて大幅に向上した。

ザ・リモートのバッテリーは60時間持つと、公式でアナウンスされているぞ~。

また、充電方法がUSB-Cケーブルでの充電になったので、余計なケーブルは必要なくなった。

GoProに充電するためのUSB-Cケーブルを、そのまま流用できるぞ~。

ちなみに、ザ・リモートの電池残量は、電源を立ち上げたときに表示される。

ザ・リモートのペアリング性能は安定感バツグン

接続方法がBLE (Bluetooth Low Energy) になったことで、ペアリング性能もアップした。

実際に使ってみて、今のところペアリングに関しての文句は一切無いぐらい安定している。

旧モデルのスマートリモートの時は、「このポンコツがっ!!」ってよく思ったりして舌打ちの連発だったな~www

ペアリングできる台数は50台から5台へと大きく減ってしまったが、それで必要十分だと感じる。

5台以上のGoProを同時に操作することって、一般的にはほとんどないだろう。

それよりも、ペアリング性能が向上したことの方が有難い。

ザ・リモートとGoProのペアリング方法

ザ・リモートとGoProのペアリングは超簡単だ。

  1. GoProの電源を立ち上げてダッシュボードを表示し、接続 → デバイスを接続 → The Remoteを選択
  2. ザ・リモートの電源を立ち上げて、RC設定 → 新規ペアリングを選択し大きなボタン(シャッターボタン)を押す

以上でペアリング完了だぞ~。

複数台のGoProをペアリングしたい場合は、この作業を繰り返せば良いだけだ。

ペアリングに必要な時間は数秒程度で、ほとんど時間は気にならない。

急いでいる時でも、問題なくペアリングできる。

ザ・リモートとGoProの再接続も超簡単

一度ペアリングしておけば、ザリモートとGoProの電源をオンにすると自動的に再接続される。

ちなみに、ザ・リモートからGoProの電源オフも可能で、待機電流が流れている時間内なら電源オフからの電源オンも可能だ。

さらに、ザ・リモートの電源をオフにしても、オンにすればペアリングが自動で再開されるので、そこからGoProの電源をオンにすることも可能だった。

GoProの待機電流が流れている時間がどれぐらいかざっくり計ってみると、7時間後も再接続は可能だったが10時間後では不可能だった。

GoProのバッテリーを抜いて供給電源のみで試してみると、1分ほどでGoProへの供給がストップされてしまうので電源オンはできなかった。

しかし、モバイルバッテリー自体にある供給ボタンを押すと、再度供給が開始されてGoProとのペアリングが再開されてGoProの電源は勝手にオンになる。

ちなみに、ザ・リモートでGoProの電源を立ち上げると、操作可能の状態になるまで10秒ほど必要だ。

そのため、急いでいる時にはあまり向かない。

これらを理解して、上手く活用しよう。

まとめ

ザ・リモートは、旧モデルのスマートリモートから大きく進化してかなり使い勝手が良くなっている。

ネックハウジングマウントやチェストマウントハーネスを利用して撮影する時も、ザ・リモートがあれば撮影されているかどうかの確認が簡単にできる。

対応機種はGoPro HERO8 Black、GoPro HERO9 Black、GoPro MAXの3機種だ。

これらの機種で撮影している人は、ザ・リモートを使うといろいろと楽ちんにことこと間違い無しだ。

ザ・リモートは既に日本でも発売されていて、ネット通販などから簡単に手に入るぞ~。

個人的には、価格以上の利便性があると感じるので、多くの人にすすめたいGoProアクセサリーだ。

-アクセサリー
-, , , ,