カメラ

【GoPro HERO9 Black レビュー】水平維持・5K・前面ディスプレイが凄い!

2020年9月18日

  1. HOME >
  2. GoPro >
  3. カメラ >

【GoPro HERO9 Black レビュー】水平維持・5K・前面ディスプレイが凄い!

2020年9月18日

GoPro HERO9 Black レビュー

GoPro HERO9 Blackを早速ゲットしたので、ガッツリとレビューしていくぞ~。

HERO8から超絶進化を遂げていて、今までよりクオリティの高い動画の撮影が可能となった。

GoPro HERO9 Blackの購入を検討している人は、このレビュー記事をぜひ参考にして欲しい!

 

この記事の内容

  • GoPro HERO9 Blackの詳細
  • GoPro HERO9 Blackのレビュー

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

GoPro HERO9 Black


HERO8になった時にGoProが凄く進化したと思ったけど、今回はそれを上回る進化だ。

HyperSmooth3.0、TimeWarp3.0、 8倍スローモーションに対応などの進化を遂げているが、それよりもっと凄い進化している部分があった。

今までのGoProカメラに不満を感じていた部分が、今回のアップデートで一気に解決されたのだ。

 

GoPro HERO9 Blackの価格

GoPro HERO9 Blackの価格は、国内正規品を購入すると税込64,900円。

GoPro公式サイトで購入すると、コミコミ43,000円。

価格だけを見ると、GoPro公式サイトで購入するのが一番お得だが、その場合は並行輸入品となる。

 

そのため、欠点も出てきてしまうのだ。

国内正規品と並行輸入品の、それぞれの利点と欠点をよく理解して購入しよう。

これについては、別の記事に分かりやすく書いてあるので、そちらを読んでみて欲しい。

 

関連記事
GoPro HERO9 Black レビュー
GoPro HERO9 Blackの価格を比較!最安値かスピード重視かで選択しよう!

続きを見る

 

GoPro HERO9 Black レビュー

GoPro HERO9 Black レビュー

それでは、GoPro HERO9 Blackをガッツリとレビューしていくぞ~!

 

GoPro HERO9 Black レビュー:水平維持機能

GoPro HERO9 Black レビュー:水平維持機能

ポイント

  • 今までのHEROシリーズは水平維持ができなかった
  • GoPro HERO9 Blackでは水平維持が可能
  • 45度を超える場合はXAXレンズモジュラーで対応
  • MAXレンズモジュラーは10月発売予定で最大2.7Kで撮影可能

もうこれよ、これに尽きる。

GoPro HEROシリーズの一番ダメなところは、水平が維持できないところだ。

しかし、GoPro HERO9 Blackでは、カメラの傾き角度が最大45度まで水平維持が可能となったのだ。

 

GoProカメラを首や胸に付けて撮影すると、出来上がった動画が「酔うわコレ!」ってのが多い。

これは、水平維持が出来ていないことによるものだ。

これを解決するために、1軸ジンバルの導入や、HERO8+アプリのホライゾンレベル機能導入などいろいろ試行錯誤した。

 

最終的には、GoPro MAXのHEROモードを活用することにした。

しかし、そのどれもが60~80点レベルで、完全に満足できるものではなかった。

それを、GoPro HERO9 Blackが全て解決してくれた!

 

ただし、この機能を使う場合はリニアに限られてしまう。

おそらくだが、最大幅で撮影した動画データから、水平維持ができる場所を切り抜くためだろう。

広角で撮影したい場合は、MAXレンズモジュラー(10月発売予定)で可能となる。

 

MAXレンズモジュラーを装着した場合は、360度回転させても水平を維持できるようになる。

GoPro MAXのHEROモードと同じ仕様になるのだ。

更に、GoPro MAXのHEROモードでは1440Pまでの解像度だが、GoPro HERO9 Black+MAXレンズモジュラーの場合は2.7Kの解像度で撮影可能だ。

 

関連記事
Maxレンズモジュラー 2
【GoPro HERO9 Black】Maxレンズモジュラーが発売開始された!

続きを見る

 

GoPro HERO9 Black レビュー:5K30fps

GoPro HERO9 Black レビュー:5K30fps

ポイント

  • GoPro HERO9 Blackでは5K30fpsでの撮影が可能
  • 全ての解像度でHyperSmoothのブースト機能が使える

GoPro HERO9 Blackでは、5K30fpsでの撮影が可能となった。

これにより、今までより鮮明な映像を撮ることができる。

5Kって凄いんだけどね、ただし編集が大変そうだwww

 

個人的にはあまり出番が無いかなぁと思っているが、映像のクオリティに拘る人にとっては嬉しいね。

ちなみに、GoPro HERO9 Blackでは、4K60fpsでもHyperSmoothのブースト機能が使えるようになっている。

これは、重宝しそうだ。

 

GoPro HERO9 Black レビュー:前面ディスプレイ

GoPro HERO9 Black レビュー:フロントスクリーン

ポイント

  • GoPro HERO9 Blackは前面ディスプレイ搭載
  • 前面ディスプレイは自撮りや画角確認に便利
  • 不要ならオフにもできるし撮影データのみの表示も可能

うーん、GoPro HERO9 Blackの機能の中で、これはあまり必要なかったようにも感じる・・・。

みんな、アクションカムでガッツリと自撮りするの!?なんか、アクションカムの使い方違くね!?

まあ、見た目はカッコイイし、技術力は凄いんだけどね!www

 

GoPro HERO9 Blackの画角を確認する用に、無いより有った方が良いというレベルかな。

別に無くても良いレベル。

まあ、オフにもできるので、節電のためにも普段はオフだなwww

 

GoPro HERO9 Black レビュー:HindSight(ハインドサイト)

GoPro HERO9 Black レビュー:HindSight

ポイント

  • 録画スタートから遡って撮影が可能
  • 選択できるのは15秒前と30秒前の2種類
  • 実際にはバックグラウンドで録画・上書きを繰り返している

これは、GoPro HERO9 Blackの録画開始ボタンを押したところから、30秒前に遡って撮影が可能という機能だ。

実際にはずっと録画・上書きを繰り返していて、簡単に言うとドライブレコーダーのような感じかな。

そのため、バッテリーも普通に消費する。

 

釣りには良いかな?と思ったんだが、魚がヒットしてから録画開始しても、30秒前だとちょっと微妙だね。

スローな釣りだと、ポイントへのアプローチまで遡れないかもしれん。

これも、あまり出番が無さそうwww

 

GoPro HERO9 Black レビュー:外装とバッテリー

ポイント

  • HERO8と比べて大きくなった
  • バッテリーも大きくなり過去モデルとの互換性なし
  • GoPro HERO9 Blackの重量は158g(バッテリー・microSDカード込み)

HERO8 Blackと比べると、GoPro HERO9 Blackは少し大きくなった。

外装だけでなくバッテリーも大きくなり、HERO8 Blackと比較して30%アップの駆動時間と謳われている。

それでもスペアバッテリーは必要だけどね。

 

GoPro HERO9 Black レビュー:モードボタン

GoPro HERO9 Black レビュー:モードボタン

ポイント

  • モードボタンが押しやすく改善された
  • 手探りでモードボタンを把握できる

GoPro HERO9 Blackを手に取った瞬間、モードボタンが押しやすくなったと感じた。

これは、ボタンが少しだけ本体より飛び出しているためだ。

このお陰で、手探りでもボタンの場所がすぐに分かるようになった。

 

GoPro HERO9 Black レビュー:付属品

GoPro HERO9 Black レビュー:付属品

ポイント

  • 昨今のプラスティック問題を考慮しプラケースでの包装を廃止
  • ケーシーの2/3程度の大きさのセミハードケース付属

GoPro HERO9 Blackには携帯用ケースが付属となり、持ち運びにも便利になった。

携帯用ケースのサイズは横21.5cm×縦10cm×高さ6cmで、ケーシーの2/3ぐらいの大きさだ。

ケーシーと同じくセミハードケースで、普通に使えるレベルの品質だぞ~。

 

GoPro HERO9 Black レビュー:接続機能

GoPro HERO9 Black レビュー:接続機能

ポイント

  • スマートリモートに対応していない
  • 近日発売予定の「The Remote」というアクセサリーに対応

今まで使えたスマートリモートは、残念ながらGoPro HERO9 Blackには対応していないみたい。

しかし、近日発売する「The Remote」というアクセサリーが対応しているようだ。

これは、おそらくスマートリモートの進化版だと思うので、発売を楽しみに待とう。

 

GoPro HERO9 Black レビュー:スケジュールキャプチャー

GoPro HERO9 Black レビュー:スケジュールキャプチャー

ポイント

  • 撮影開始時間を予約できる機能を搭載
  • GoPro HERO9 Blackは時間を操るという進化を遂げた

スケジュールキャプチャーとは、撮影開始時間を予約できる機能だ。

例えば朝日を撮りたい時など、予約した時間に勝手に撮影を開始してくれる。

これも、GoPro HERO9 Blackの進化の中では大きな部分だ。

 

GoPro HERO9 Black レビュー:デュレーションキャプチャー

GoPro HERO9 Black レビュー:デュレーションキャプチャー

ポイント

  • 録画する時間の長さを選択できる機能を搭載
  • スケジュールキャプチャーとの組み合わせでフルオート化が可能

GoPro HERO9 Blackで録画する時間の長さを選択できる機能だ。

スケジュールキャプチャーと組み合わせることで、撮影開始から終了までがフルオートで完了する。

選択できる時間は、15秒から3時間までとかなり幅が広い。

 

まとめ

GoPro HERO9 Blackは、GoPro史上最大の進化を遂げた。

逆にハードルが上がり過ぎて、来年のニューモデルがこれ以上進化できるのか心配になるレベルだwww

ということで、GoPro HERO9 Blackは絶対に買いです!!

 

GoProレビュー

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-カメラ
-, ,

© 2020 モリタクブログplus