カメラ

GoProの買い時はいつ?欲しいときに買うのが正解!

2020年7月15日

  1. HOME >
  2. GoPro >
  3. カメラ >

GoProの買い時はいつ?欲しいときに買うのが正解!

2020年7月15日

GoPro HERO8 Black

GoProは、毎年10月頃に新機種を発表している。

そのため、発売から半年ほど経つと、買い時を逃したと感じる人もいるだろう。

そろそろ、次期モデルの噂が聞こえてくる頃だしね。

 

しかし、先日、GoProはいつ買っても問題ないということが分かったのだ。

もちろん、理想は発売後にすぐに買い替えることだ。

だが、仮に発売から半年後に買い替えたとしても、それほど大きな違いは無いようなのだ。

 

この記事の内容

  • GoProはキャンペーンが多い
  • GoProはリセールバリューが高い

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

GoProはリセールバリューが高い

GoProはリセールバリューが高い

GoProは、リセールバリューがずば抜けて高い。

先日、旧モデルをメルカリで断捨離したのだが、その時の売値が驚くほど高値だった。

発売から2年半経つGoPro HERO6 Blackが、定価の約60%で売却できたのだ。

 

前モデルのGoPro HERO7 Blackに至っては、定価の約70%で売れてしまった。

しかも、共に数日で売れてしまったので、もう少し高値で売ることも可能だったかもしれない。

2世代前のモデルが定価の60%、1世代前のモデルが定価の70%という価格で売れるのは、驚異的なリセールバリューの高さではないだろうか。

 

また、メルカリを利用することによってこの価格で売却できたのだが、メルカリは出品から発送まで簡単に行なえるので、それも強みの一つだ。

売ることが大変だと、面倒くさくなってしまうからね。

メルカリが存在する限り、GoProは簡単に高額で手放すことができると言ってもいいだろう。

 

関連記事
【メルカリ 出品】初心者でも超簡単だった!断捨離に最適なのでおすすめ!
【メルカリ 出品】初心者でも超簡単だった!断捨離に最適なのでおすすめ!

続きを見る

関連記事
メルカリ 発送方法 らくらくメルカリ便
【メルカリ 発送方法】らくらくメルカリ便が超絶簡単だったのでおすすめ!

続きを見る

 

GoProはキャンペーンが多い

GoProはキャンペーンが多い

GoProは、発売から数ヶ月経つとキャンペーンが始まる。

GoPro公式サイト と国内販売のキャンペーンを合わせると、お得に購入できるチャンスが頻繁にある。

こういったキャンペーンを利用すれば、アクセサリーが付いてきたり、定価より安く購入できたりする。

 

購入金額が低ければ、メルカリで売却するときにも選択肢が増える。

例えば、設定金額はそのままでキャンペーンで貰ったアクセサリーを付けたり、アクセサリーは付けずに設定金額を下げてみたりなど、自分の次期モデルの使用環境に合わせて選択できる。

ちなみに、現在は国内販売でキャンペーン中で、7月31日(金)までにGoPro HERO8 Blackを特定の店舗で購入すると、デュアルバッテリーチャージャーが貰えるぞ~。

 

 

まとめ

GoProの買い時は、自分が欲しいと思ったときだろう。

今すぐに撮りたいものがあるのに、モデルチェンジを待つなんてナンセンスだしね。

リセールバリューが高いので、モデルチェンジをしても慌てて売りさばく必要もない。

 

また、将来的に買い替えることを意識すれば、必然とGoProの取り扱いも丁寧になるだろう。

その結果、故障や紛失も減るはずだ。

GoProは欲しい時に購入し、買い替えたらメルカリで旧モデルを売れば良いのだ!

 

 

関連記事
GoPro HERO8 Blackのビルトインマウント
GoPro HERO8 Blackの価格を比較!最安値で購入する方法はこれだ!

続きを見る

関連記事
GoPro HERO8 Black
【GoPro HERO8 Black レビュー】進化したのは手ブレ補正機能だけではない!

続きを見る

関連記事
GoProおすすめモデルランキング
【最新版】GoProおすすめモデルランキング【初心者向け】

続きを見る

関連記事
ネックハウジングマウント+GoPro HERO8 Black
【最新版】GoPro HERO8 Black用アクセサリー おすすめ5選!

続きを見る

関連記事
GoPro HERO9なの!?海外認証機関に未発表カメラが登録された!!
【最新情報】GoPro HERO9の発売日・スペック・噂・リーク情報まとめ!

続きを見る

 

【c】GoPro

【c】GoPro


\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-カメラ
-, , , ,

© 2020 モリタクブログplus