カメラ

【GoPro MAX レビュー】360度動画・HEROモード・バッテリーについて語る!

2020年6月23日

  1. HOME >
  2. GoPro >
  3. カメラ >

【GoPro MAX レビュー】360度動画・HEROモード・バッテリーについて語る!

2020年6月23日

GoPro MAX

いろいろ試したいこともあり、前々から気になっていたGPro MAXを導入した。

とりあえず、いじくり倒したのでレビューしていくぞ~!

GoPro MAXの購入を考えている人は、ぜひ参考にして欲しい。

 

この記事の内容

  • GoPro MAXの詳細
  • 360度動画について
  • HEROモードについて
  • バッテリーについて

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

GoPro MAX

モデル名GoPro MAX
防水性能5m
静止画解像度360°モード:16.6MP
HEROモード:5.5MP
PowerPano:6.2 MP(270度パノラマ写真)
動画品質360°モード:5.6K 30fps
HEROモード:1440p 60fps
質量154g(バッテリー込み)
静止画モードパノラマ撮影
タイムラプスフォト
写真タイマー
動画モード360度撮影
HEROモード
タイムワープビデオ
タイムラプスビデオ
スローモーション
ショートクリップ動画
電源脱着式 1,600mAh リチウムイオン充電式
稼働時間(動画):360°モードで約40分

 

360度動画は気軽に撮れない

とりあえず360度で動画を撮っておいて、後から編集で良いところを切り抜けばいいじゃん!

超手軽に運用が出来るんじゃね!?と思っている人もいるだろう。(ハーイ、俺ですwww)

しかし、360度動画なんて、とても気軽に撮れる代物ではないことが分かったぞ~www

 

まず、ハイスペックなMacBook Proを持っていない人は、360度動画なんてまともに編集出来ないぞ~。

MacBook Proを持っていない人は、撮影した360度動画をスマホのアプリに取り込んで、リフレームという作業をする必要がある。

その、撮影した360度動画をスマホのアプリに取り込むのに、めちゃくちゃ時間が掛かるんだ。

 

1分の360度動画をアプリに取り込むのに、ざっと6分ほどかかった。

ということは、1時間分のデータを取り込むのに6時間必要になるやんwww

特に、釣りで使う場合は長回しになることが多いので、1時間分とかは普通だろう。

 

さらに、リフレームして通常の編集が出来る動画として保存する時も、同じように時間が掛かる。

長回しで使う場合は、GoPro MAXの360度動画は全くもって実用的ではない。

ということで、360度動画は諦めようwww

 

HEROモードは4Kが撮れない

GoPro MAXを長回しで使う場合は、先の理由からHEROモードでの撮影になるだろう。

HEROモードには、強烈なホライゾンレベル機能が備わっているので水平をガッチリと維持できる。

この機能は、1軸ジンバルと同等と言っていいレベルだ。

 

そのため、GoPro MAXを使えば1軸ジンバルを使う必要は全くないことが分かった。

しかし、撮影できる解像度が1440pと1080pのみで、4Kでの撮影が出来ないのだ。

ということで、GoPro MAXでは事実上4Kでの撮影は諦めることになる。

 

まあ、個人的には、撮影の目的がYouTube用だったら、1440pで撮影しても特に問題ないとは思うけどね。

4Kで撮影して、それを時間をかけて編集しても、割と自己満足の部分が大きいからねwww

見る側は、それほど解像度は気にしていないことが多いだろう。

 

バッテリーの持ちは良い

HEROモードの1440p60fpsで撮影した場合、バッテリーはおおよそ100分程度持つようだ。

雨の日は給電撮影は不可能でバッテリーに頼らざるを得ないから、これだけの時間を撮影出来るのはかなり有難いね。

そして、360度動画を5.6K30fpsで撮影した場合は、バッテリーの持つ時間は35分程度だってさwww

 

このことからも、そもそも360度動画は長時間撮影するように考えられていないことが分かる。

360度動画は、ちょろっと撮ってSNSにアップして喜ぶ程度のモノなんだwww

いろいろ面白い映像はつくれるけど、まあ、撮る方も観る方もすぐに飽きるやろうしねwww

 

ちなみに、microSDカードはSanDisk Ultraの400GBを問題なく認識した。

撮影出来るデータは、タッチディスプレイに9時間38分と表示されている。

400GBのmicroSDカードが1枚あれば、長回しで撮影しも1日持ちそうだね。

 

 

まとめ

GoPro MAXの使い方

GoPro MAXの設定

  • HEROモードで1440p60fps(リニア)
  • HyperSmoothをON
  • ホライゾンレベルをON

結局、GoPro MAXを釣りで使う場合は、上記の設定でボディーカメラとして使うというサブ的な位置付けになりそうだ。

しかし、1軸ジンバルを使わなくても水平が維持できるのは、めちゃくちゃ楽ちんで良い。

4Kでの撮影にこだわらなければ、これが一番スマートかもしれない。

 

だが、この使い方だけではGoPro MAXの半分ぐらいの性能しか発揮させれていない。

もうちょっと工夫して、良いところを引き出す必要がありそうだ。

つーか、MacBook Proを手に入れれば解決か!www

 

 

 

関連記事
GoPro HERO8 Blackのビルトインマウント
GoPro HERO8 Blackの価格を比較!最安値で購入する方法はこれだ!

続きを見る

関連記事
GoPro HERO8 Black
【GoPro HERO8 Black レビュー】進化したのは手ブレ補正機能だけではない!

続きを見る

関連記事
GoPro達
【最新版】GoProおすすめモデルランキング【初心者向け】

続きを見る

関連記事
ネックハウジングマウント+GoPro HERO8 Black
【最新版】GoPro HERO8 Black用アクセサリー おすすめ5選!

続きを見る

関連記事
GoPro HERO9なの!?海外認証機関に未発表カメラが登録された!!
【最新情報】GoPro HERO9の発売日・スペック・噂・リーク情報まとめ!

続きを見る

 

【c】GoPro

【c】GoPro


よく読まれている記事

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-カメラ
-, ,

© 2020 モリタクブログplus