カメラ

【最新情報】GoPro HERO9の発売日・スペック・噂・リーク情報まとめ!

2020年5月9日

  1. HOME >
  2. GoPro >
  3. カメラ >

【最新情報】GoPro HERO9の発売日・スペック・噂・リーク情報まとめ!

2020年5月9日

この記事では、GoPro HERO9の発売日・スペック・噂・リーク情報をまとめていくぞ~。

この記事を読むだけでGoPro HERO9に関する知りたい情報が全て分かるようになっている。

新しい情報が出てきたら、随時更新していく予定だ。

新しい情報だけを見たい場合は、この記事の目次から目的の情報までジャンプしよう!

 

※9月17日、日本でもGoPro HERO9 Blackが発売されました!

関連記事
GoPro HERO9 Black レビュー
【GoPro HERO9 Black レビュー】水平維持・5K・前面ディスプレイが凄い!

続きを見る

 

この記事の内容

  • GoPro HERO9の発売日を予想
  • GoPro HERO9の噂されるスペック
  • GoPro HERO9に関するGoPro社の動き
  • GoPro HERO9のリーク情報

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

GoPro HERO9の発売日を予想

モデル発売日
GoPro HERO22011年10月
GoPro HERO32012年11月
GoPro HERO42014年10月
GoPro HERO52016年10月
GoPro HERO62017年 9月
GoPro HERO72018年 9月
GoPro HERO82019年10月

過去のGoProのNEWモデルの発売日は上記の表の通り。

GoPro HERO9の発売日は、NEWモデルが発売されてきたサイクルから予想することが可能だ。

この表を見る限り、GoPro HERO9の発売日は、例年通りなら9月か10月で間違いないだろう。

 

しかし、今年は新型コロナウイルス(COVID-19)による影響で、生産や流通が遅れている。

2月発売予定だったディスプレイモジュラーが、8月予約開始と大きくずれ込んでいるのだ。

この影響次第では、発売日が大幅に遅れる可能性もある。

 

GoPro HERO9の噂されるスペック

HERO9の噂されるスペック

  • フロントディスプレイでもカメラ画像を表示
  • 本体形状は変更無し
  • 価格は50,000円~55,000円程度

リーク情報によると、フロントディスプレイでもカメラ画像が表示される可能性があるようだ。

しかし、本体形状はGoPro HERO8 Blackと同じものだろう。

去年フルモデルチェジで大きく本体形状を変更したので、GoPro HERO9はマイナーチェンジの可能性が高い。

 

GoProはHERO5でフルモデルチェンジし、HERO7まで本体形状は同じだった。

この間スペックは大きく飛躍したが、本体形状が変わることは無かった。

これはGoPro社が、モデルチェンジしてもアクセサリーの互換性を意識していることが伺える。

 

たしかに、全てを買い替えなければいけないフルモデルチェンジは敷居が高い。

アクセサリーはそのまま使えるマイナーチェンジの方が、ユーザーは購入に踏み切りやすい。

そういったことも、GoPro社の戦略の一つなのかもしれない。

 

また、販売価格はおそらく50,000円~55,000円と予想出来る。

過去モデルを発売した時の価格が、だいたいこのぐらいの価格なのだ。

この価格から、大きく逸脱することは無いだろう。

 

GoPro HERO9のリーク情報

GoPro HERO9のリーク情報が確認されだした。

これは毎年起こっている、GoProカメラのニューモデルが発売されるまでの第一段階だね。

 

 海外認証機関に未発表カメラが登録された

GoPro HERO9なの!?海外認証機関に未発表カメラが登録された!!

海外サイトのPhoto Rumorsが、GoProの未発表カメラが米国のFCC (連邦通信委員会)の認証を取得したと伝えている。

この未発表カメラのコードネームは「SPBL1」で、元ネタは同じく海外サイトのDroneDJとのことだ。

GoPro HERO8 Blackと比べると、メニューに変更が加えられていることが確認できるようだ。

 

GoPro HERO9は、フロントディスプレイでもカメラ画像が表示される可能性があるようだ。

メニューアイテムの中に「Displays」と記された項目が見られる。

複数形になっていることから、GoPro HERO9はフロントディスプレイでもカメラ画像が表示されるようになると予測出来る。

 

GoPro HERO9のフロントパネル写真がリーク(7月20日追記)

GoPro HERO9のフロントパネル写真がリーク

GoPro HERO9のものと思われる、フロントパネルパーツの写真がリークされた。

こちらの情報も、海外サイトのPhoto Rumorsが伝えている。

本物だとすれば、HERO8より大型のフロントディスプレイが搭載されることになりそうだ。

 

やはり先日お伝えした通り、フロントディスプレイでもカメラ画像が表示される可能性が高い。

また、写真の通りだと、既にパーツは完成しているといってもいいだろう。

このまま生産に大きな遅れが無ければ、今年中にGoPro HERO9の発売日が訪れる可能性が高い。

 

GoPro HERO9の全体画像がリーク(8月31日追記)

GoPro HERO9の全体画像がリーク

ドイツのIT情報サイトWinFutureが、GoPro HERO9とされる画像を掲載した。

HERO8までのフロントディスプレイは、バッテリー残量や動画の設定情報を表示するだけだった。

しかし、今回リークされたGoPro HERO9の全体画像では、プレビュー表示用のカラーディスプレイになっている。

 

GoPro Hero9は、フロントのカラーディスプレイの他にも、5K撮影対応も噂されている。

個人的には5K撮影対応の方が興味があるのだが、フレームレートなどの詳細な情報は報じられていない。

完成画像がリークされていることを考えると、発売日が近いのかもしれない。

 

GoPro HERO9のキャンペーンバナーがリーク(8月31日追記)

GoPro HERO9のキャンペーンバナーの画像がリーク

海外サイトのPhotoRumorsにより、GoPro HERO9のキャンペーンバナー画像のリークが報じられた。

なんとこの画像は、GoProの公式ウェブサイトに現れたらしい。

すぐに削除され、現在は表示されていない。

 

この画像から、このキャンペーンのセットで680ドルということが分かる。

バッテリーとmicroSDカードがオマケ分と考えると、625ドルぐらいになる。

それと、正式な名前は「GoPro HERO9 Black」のようだ。

 

GoPro HERO9の製品パッケージがリーク(9月6日追記)

GoPro HERO9の製品パッケージがリーク

スペック

  • 2000万画素センサー
  • 5K30fp・4K60fps・1080p240fps
  • 水深10m防水
  • ボイスコントロール
  • 8x スローモーション
  • データ・オーバーレイ
  • TimeWarp 3.0
  • HyperSmooth 3.0
  • 1080p ライブストリーミング
  • スーパーフォト + HDR
  • RAW
  • ウェブカメラモード
  • タッチパネル

海外サイトのwinfutureにより、GoPro HERO9 Blackの製品パッケージがリークされた。

リークされた製品パッケージを見ると、パッケージ方法が今までと大きく変更されるようだ。

今まではプラケースの中にむき出しの本体が収められていたが、GoPro HERO9 Blackでは専用ケースが付属しているように見える。

 

GoPro HERO9 Black専用ケースは、パッケージのサイドにも記載されている。

これは、持ち運びをする時にも便利そうだ。

また、製品パッケージには、GoPro HERO9 Blackの主なスペックも記載されている。

 

GoPro HERO9 Blackには、HyperSmooth 3.0、TimeWarp 3.0が搭載される。

それぞれ第三世代となり、今まで以上の進化が期待される部分だ。

また、先日GoPro HERO8 Blackにファームウェアアップデートで搭載されたウェブカメラモードも、GoPro HERO9 Blackには搭載されている。

 

一番の注目すべき点は、GoPro HERO9 Blackでは5K30fpsでのビデオ撮影が可能となる点だ。

個人的には、GoPro HERO9 Blackのこの部分に一番期待している。

しかし、編集作業は更に大変になり、高スペックパソコン必須になりそうな予感がするけどねwww

 

新型バッテリーのイメージ画像がリーク(9月6日追記)

新型バッテリーのイメージ画像がリーク

海外サイトのwinfutureにより、GoPro HERO9 Black用バッテリーのイメージ画像がリークされた。

GoPro HERO9 Blackでは、バッテリーがモデルチェンジされるようだ。

容量が1720mAhと大きくなり、同時にデュアルバッテリーチャージャーもモデルチェンジされるようだ。

 

従来のバッテリー容量は1220mAhなので、かなりの大容量化となる。

ちなみに、現行で一番大容量のGoPro MAX用バッテリーでも1600mAhという容量だ。

これにより、おそらく今までのバッテリーとは、互換性は無くなるだろう。

 

GoPro HERO9に関するGoPro社の動き

4月に入り、GoPro社の動きが確認されだした。

 

2020年第1四半期決算の発表

GoProは4月に、2020年第1四半期決算の発表を行った。

その中で、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、戦略的に運営経費削減を行う必要があることを明らかにした。

今後は20%の従業員を解雇し、量販店を中心とした販売からオンライン中心の販売戦略に切り替えるようだ。

 

ただし、2020年に予定していた製品ロードマップは、そのまま維持する方向性とのことだった。

2020年に予定していた製品ロードマップには、GoPro HERO9も含まれているはずだ。

このことからも、GoPro HERO9が発売となる可能性が高い。

 

GoPro公式ホームページが変化(9月14日追記)

GoPro公式ホームページが変化

いよいよGoPro公式ホームページに変化が見られた。

これは毎年の事なんだけど、新機種の発表直前におこなわれる恒例行事だ。

今年は、例年より早いぞ~!

 

公式ホームページによると、日付が2020年9月16日となっている。

おそらく、この日にGoPro HERO9 Blackを発表するのだろう。

その後は公式ホームページで発売し、若干遅れて日本で発売になると思われる。

 

最速で購入したい人は、GoPro公式サイトで購入しよう。

しかし、その場合は並行輸入品扱いとなるので、日本での保証は受けられない。

日本での保証を希望する人は、日本での発売を待とう。

 

まとめ

GoPro HERO9に関する新しい情報が入り次第、この記事で続報をお伝えする予定だ。

今年はダメだと思っていたが、ひょっとしたら2020年もニューモデルの発売日が訪れるかもしれない。

発売日まで待ちきれないという人は、現行機種のGoPro HERO8 Blackをどうぞ!

 

※9月17日、日本でもGoPro HERO9 Blackが発売されました!

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-カメラ
-,

© 2020 モリタクブログplus