カメラ

【GoPro Max】強烈なスペックで10月25日に発売!公式サイトなどで予約受付中!

2019年10月9日

  1. HOME >
  2. GoPro >
  3. カメラ >

【GoPro Max】強烈なスペックで10月25日に発売!公式サイトなどで予約受付中!

2019年10月9日

GOPro Fusionの後継機「GoPro MAX」が正式に発表された。

発売日は日本では10月末となっていて、価格は67,100円のようだ。

だけど・・・

GoPro公式サイトでは10月25日までに発送で、価格は送料込みで61,000円なんだぁぁぁぁあ!

 

この記事の内容

  • GoPro MAXの主なスペック
  • 各スペックの詳しい解説
  • GoPro MAXの注目ポイント
  • 世界一お得に購入する方法

 

それでは、詳しく解説しよう!

 

GoPro MAXの主なスペック

GoPro MAX

GoPro MAXの主なスペックは、

  • HEROモードと360度モード
  • デジタルレンズ
  • Max HyperSmooth
  • Max TimeWarp
  • 再フレーム
  • 360度オーディオ
  • PowerPano

といった感じ。

 

その他にも、GoPro HERO8 Blackと同じくビルトインマウント機能も搭載だ!

更に、13種類の音声コマンド機能も搭載しているぞ~!

それでは、主なスペックを説明していこう。

 

HOROモードと360度モード

HOROモードと360度モード

強固な安定化機能とシングルレンズによるHEROスタイルのビデオに加え、臨場感あふれる360度映像が撮影可能。

ショットガンマイクの性能とユーザー側に向けられるスクリーンで、ビデオブログもマックス級に。

 

デジタルレンズ

デジタルレンズ

GoPro HERO8 Blackと同じくデジタルレンズを採用。

狭角、歪みのないリニア、広角、そして最も広い Max SuperView の 4 つのレンズを切り替えて、完璧なショットを撮影出来る。

 

Max HyperSmooth

Max HyperSmooth

新たな安定化機能が登場。

Max HyperSmoothは、GoPro 史上最高にスムーズなビデオを実現し、画期的な水平維持機構も備えている。

 

Max TimeWarp

Max TimeWarp

360度モードとHEROモードで、驚くほどスムーズなタイム ラプス モーション ビデオを作成。

HEROモードなら、録画中に通常速度での撮影も挿入出来る。

 

再フレーム

再フレーム

GoProアプリで、圧倒的な360度映像を通常のビデオや写真に簡単に変換。

再生も、編集も、シェアも、すべてスマホで操作出来る。

 

360度オーディオ

360度オーディオ

6つの内蔵マイクが連動し、臨場感あふれる360度オーディオ、ビデオブログ向けの指向性オーディオ、ウィンド ノイズ低減、そして GoPro 史上最高のステレオ サウンドを実現。

 

PowerPano

PowerPano

歪みのない驚異的な270度パノラマ写真をワンクリックで撮影可能。

セルフィーやアクションPowerPano (パワーパノ) 写真も撮影出来る。

 

まとめ

GoPro MAXは360度撮影のほかに、HEROシリーズ同様の撮影も可能だ。

まさにVLOG専用といった感じか。

ただし、HEROモードは1440pまでのビデオと5.5メガピクセルの写真までしか記録できないようだ。

 

しかし、360度モードでは5.6Kのビデオと6.2メガピクセルのPowerPano (パワーパノ) での記録が可能だ。

これこそがGoPro MAXの活かしどころなので、問題ないだろう。

HEROモードは、オマケ程度に考えれば十分な機能だ。

それ以上を望むなら、GoPro HERO8 Blackも購入しようwww

 

 

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

モリタク

池原ダムのバスフィッシングにお熱です。
スポンサー:GAN CRAFT・ZPI・SIGNAL・CLUB IKEHARA・Ts-on

-カメラ
-,

© 2020 モリタクブログplus