Karma Grip用の延長ケーブルでハンドル部分の重量を分散させてみた!

購入したKarma Grip エクステンションケーブル

Karma Gripをチェストマウントハーネスなどに取り付ける場合、やはりその重さが気になってしまう。

そこで、Karma Grip エクステンションケーブルを使い、ハンドル部分の重量を分散させてみたんだ。

ただの延長ケーブルみたいなものなんだけど、これがなかなか良かったので報告するぞ~!

 

 

Karma Grip エクステンションケーブル

Karma Grip エクステンションケーブルを装着

Karma Grip を拡張して、驚くほど滑らかなプロ品質の映像を撮影しよう。 Karma Grip 延長ケーブルは 89 cm まで拡張可能なため、グリップとスタビライザーを個別に装着でき、移動時のボディ装着がより快適になります。 グリップを手の届く位置にマウントして、有線リモコンとして使用することも、すっきりと収納しておくこともできます。 そこから生み出されるのは、最大限の汎用性とパフォーマンス。

  • ・Karma™ スタビライザーと Karma™ Grip を個別にマウント
  • ・様々な配置でのボディ※1 マウントが可能
  • ・長さ 89 cm
  • ・コイル状ケーブル

(※1) 身体の接触を伴う活動では負傷するおそれがあります。アクティブなライフスタイルで Karma スタビライザーを装着する際は十分にご注意ください。

Karma Gripの重量の大半は、バッテリーが搭載されているハンドル部分なんだ。

Karma Grip エクステンションケーブルを使うことで、このハンドル部分を個別に装着することが出来る。

延長ケーブルは89cmまで伸ばすことが出来て、ハンドル部分は有線リモコンとして使うことが出来るぞ~。

 

延長ケーブル部分はしっかりとしたケーブルで、ちょっとやそっとで断線する感じではないといった印象だ。

硬さとか質感は、昔の固定電話のケーブルっぽい感じだ。

多少、ラフに扱っても問題なさそうだw

 

まとめ

Karma Grip エクステンションケーブルを使い、Karma Gripのハンドル部分の重量を分散させてみた。

ただの延長ケーブルと考えると、価格がなかなかなえぐいので少し躊躇したが、思い切って購入してみた。

Karma Gripの使い勝手などは、あらためてレビューしていく予定だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧