パチンコで勝つ方法が簡単過ぎてパチプロになった俺が勝ち方をお伝えしますwww

パチンコの出玉

パチンコで勝つ方法はこの世にたった1つしかなく、またその方法は実にシンプルなんだ。

難しい勉強をする必要も無く、足し算や引き算、掛け算や割り算といった算数が出来れば、誰でも簡単に勝てる。

18年以上パチプロを生業にし、その勝ち額は既に億っている俺が、パチンコで勝つ方法をお伝えしよう!

 

 

俺がパチプロになった理由は色々簡単過ぎたからなんだ

俺は18歳で東京から三重県にやってきて、一人暮らしを始めた。

最初は、仕事帰りや休日に普通の一般客としてパチンコを楽しんでいたんだ。

当時の三重県にはパチスロは設置されていなかったので、打っていたメイン機種は一発台やアレパチだった。

 

本当の攻略法が雑誌に載っていて簡単過ぎた

最初に本物のパチプロを見たのは、アレパチのパワフルを打っている時で、1992年頃のことだ。

パワフルの島で、毎日勝ち続けているチンピラ風の兄ちゃん二人組が居た。

パチプロって本当に居るんだなっ!ステキ!って、20歳そこそこの小僧だった俺はその二人組に憧れを抱いたのを覚えているwww

 

その後、あのパチプロ二人組が何をやっているのか調べまくると、パワフルには連チャンが狙える攻略法があることを知った。

ちなみにコレ、パチンコ雑誌に書いてあったんだwww

今では考えられないと思うけど、パチンコ攻略マガジンが本当に攻略マガジンだった時代だwww

 

アナログ機種が簡単過ぎた

パワフルが撤去されてからは、アナログ要素が強い機種をメインに打っていた。

当時のパチンコは、役物が備え付けられているアナログ要素の強い機種が多く設置されていたんだけど、メーカーの技術力が乏しくて様々な台にスキがあり過ぎたwww

役物の動きは一定が当たり前だったので、逆算すれば大当りを狙えてしまう時代だったw

 

特に俺が気に入って打っていた機種はカリブ6という台で、この台にはクルーンが備え付けられていたが、クルーンのクセが良ければ逆算してクルーン入賞個数を調整することで連チャンを狙えた。

このカリブ6という台を打っている島には、パチプロが6人ほど居たんだ。

この6人が後に俺の師匠的な存在になり、更にパワフルを打っていたチンピラ二人組の先輩だと知るwww

 

スロットが簡単過ぎた

俺がパチプロになったのは、三重県にスロットが設置されたことをきっかけにしている。

昔は三重県にはスロットが無く、設置は2000年7月から始まっている。

スロットが無い県があったなんて、今では考えられないよねwww

 

設置され始めた当初は甘すぎて、ボコボコに勝った。

徹夜で並んだら、大花火の設定6ゲットといった感じだった。

この頃に、もう色々甘過ぎて仕事なんてやっている場合ではないと思って、仕事を辞めたwww

 

とにかく時代が簡単過ぎた

俺が仕事を辞めてパチプロになった時代は、攻略や高機械割スロットが溢れ返っていた。

この黄金期に、俺はパチンコやスロットは勝てるものなんだと知った。

 

その後は、徹底的に効率良く稼ぐことを考えた。

スロットは設定6しか打たないし、パチンコは一番大きく勝てる攻略を追いかけた。

この過程で確率論を徹底的に学び、理解し、俺の基盤となった。

 

パチンコで勝つ方法:考え方編

それでは、具体的なパチンコで勝つ方法を詳しく解説していこう。

まずは、勝つための考え方からお伝えしていく。

 

確率論が全てと理解しよう

パチンコで勝つ方法の、幹となる部分が確率論だ。

この確率論を基にするという考え方だけは、絶対に揺らいではならない。

パチンコには運や波などの、一般的にオカルトといわれるものは存在しない。

存在しないから、オカルトといわれるんだぞwww

 

えー!テレビでオカルト打法で勝っているライター見たもん!と思ったあなた、安心してください、演出ですよwww

俺は牙狼攻略(捻り打ち)の遠征時に、波などのオカルト打法で活躍するライターの横で打ったことがある。

「この台は、○○○回転ぐらいからが狙い目です!」とか言っちゃう、漢字2文字で活躍しているライターだ。

 

そのライターは、プライベートでその店に来ていたようだった。

打ち方は良く回る台を止め打ちして終日ぶん回すという方法で、全くオカルト要素は無かったぞwww

テレビではオカルト打法で有名なライターが、プライベートでは確率論を基にして打っているという事実を知ってくれ!

 

結局のところ、確率論を本当に理解出来ていれば、パチンコでトータルでは負けるわけが無いんだ。

確率論をきちんと理解すれば、勝つ方法も負ける方法も分かる。

なので、勝つ方法だけ繰り返していけば、必然と収支はプラスになっていく。

 

遠隔を疑いながらパチンコ店に行くことはナンセンス

現実的に攻略法が無くなった今でも、確率論がしっかり理解出来ていれば絶対にトータルでプラスになる。

一生打てばトータルプラスとかいう話ではなく、パチプロが打つレベルの台を打てば、かなり引き負けていたとしても1,200時間程で最低100万円はプラスになる。

えー!でも遠隔されるやん!って思ったあなた、安心してください、思い込みですよwww

 

まず、遠隔なんて今の普通の環境ではあり得ないことを理解しよう。

2007年にボナンザという店が遠隔で摘発された事実があるが、もう11年前の話だ。

確かに、その当時ぐらいまではまだ怪しい店も多少はあったし、893経営丸出しのお店もまだあった。

この時代には、こういった店を避けるというスキルも必要だった。

 

まず、俺が18歳ぐらいの頃は、パチンコ店の店員がタバコを吸いながらマイクパフォーマンスしていたんだからさw

店は汚かったし店員は悪そうだったし、そこに来る客層も悪そうな奴らばっかで、女性なんか居なかった。

大型チェーン店なんか無かったと思うし、パチンコ店はそこから始まってんだ。

裏モノも普通に店にあった時代だし、そりゃぁ、悪さする人も居ただろうよwww

 

しかし、時代は流れ法律も厳しくなりそういったことが淘汰され、パチンコ店はクリーンな方向に向かっていった。

また、当時よりパチンコ台やパチスロ台のギャンブル性が強くなり、裏モノや遠隔などで客の射幸心を煽る必要が無くなった。

今の台は、メーカーが出荷した時点で当時の裏モノより強烈な仕様だからなwww

 

客が、高性能なサブ基盤を搭載した台の演出に勝手に熱くなり、勝手にじゃぶじゃぶ金を入れてくれるのに、何を遠隔で操作する必要があるのだろうか。

当時より法律が厳しくなり大型チェーン店が増えた今、遠隔なんて店側のリスクでしかないのだ。

今の時代、遠隔を疑いながらパチンコ店に行くことはナンセンスで、飛行機事故に怯えながら飛行機に乗るようなものなのだ。

 

空港の中で飛行機事故が怖いってギャン泣きしているおっさんを見たら、もうお前乗るなっwwwって思うだろうw

それと一緒で、遠隔怖いって言いながらパチンコ店に行くおっさんを、もうお前やめとけwwwって俺は思うんだw

なので、遠隔のことは除外して考えよう。

 

パチンコの収支は1年先を見よう

パチンコで勝つということは、1年先を見る必要がある。

1年後には、100万円以上勝っていると考えるんだ。

日々の勝ち負けで一喜一憂するのは、疲れるだけだからやめようwww

 

もちろんパチンコは完全確率なので、1/319の台は何回転目でも1/319だ。

そのため、日によってはいっぱい勝つ日もあればいっぱい負ける日もあるだろう。

しかし、全ての日々の勝ち負けを無視し1年経った時には、それ相応の金額の勝利を収めることになる。

 

確率論を分かりやすく説明する

確率論(かくりつろん、英: probability theory, 仏: théorie des probabilités, 独: Wahrscheinlichkeitstheorie)とは、偶然現象に対して数学的な模型(モデル)を与え、解析する数学の一分野である。

もともとサイコロ賭博といった賭博の研究として始まった[1]。現在でも保険や投資などの分野で基礎論として使われる。

確率論というと難しく聞こえるが、とても簡単なので安心して欲しい。

パチンコやスロットは色々な機種があるが、全てただの箱でしかない。

その箱の中には、1~6までが書かれた普通のサイコロが1個入っていると考えてくれ。

スタートチャッカーに玉が1個入ると、そのサイコロを1回振ることが出来る。

 

この時の当たりは1としよう。

もちろん、確率は1/6だよね。

サイコロを振れば振るほど、全ての数字の出現率が1/6に近くなるのは理解出来るはずだ。

 

このスタートチャッカーに1個の玉を入れるためには、平均250個の玉を使うとする。

すると、確率1回分のサイコロを振るのに1500個の玉が必要になる。

当たりの1が出た場合、あなたは1500個の玉が貰える。

 

これがチャラで、サイコロを振れば振るほどチャラに近づいていく。

これが、基本となる考え方だ。

では、実践編では具体的な機種にこの方法を当てはめていこう。

 

パチンコで勝つ方法:実践編

では、まず実際に具体的な機種で確率論を説明する。

その他にも、実践時に必要なこともお伝えしよう。

 

確率論を真・北斗無双に当てはめる

真・北斗無双

真・北斗無双の表向きの確率は1/319だが、確変、ラウンド数、ループ率などを考慮した場合の、トータル確率というものが存在する。

このトータル確率とは全てのパチンコに存在しちょっとややこしい計算が必要なんだが、今はアプリを使えば簡単に知ることが出来る。

おすすめはパチマガスロマガのアプリで、有料アプリだがとても分かりやすい。

俺も使っているが、パチンコやパチスロを打つうえでかなり活用できるので、必要経費といって良いだろう。

 

パチマガスロマガ

パチマガスロマガ

SEIKO SOLUTIONS INC.無料posted withアプリーチ

 

真・北斗無双のトータル確率は1/55.8(6R)なんだ。

これは、いろいろひっくるめると1/55.8で当たって6ラウンド分の玉が貰えるよ!ということだ。

6ラウンド分の玉数は、メーカー発表値の840個としよう。

 

んで、この真・北斗無双が1,000円分の玉250個で回る回転数(ベース)が20回転だったとしよう。

すると、トータル確率の1/55.8に到達するためには、

55.8÷20=2,79

2.79×250個=697.5個の玉が必要になる。

では、これを先に説明した確率論に基づく基本的な考え方に当てはめていこう。

 

確率1/55.8のサイコロを確率分振るのに、697.5個の玉が必要になる。

1回当たった場合、あなたは840個の玉が貰える。

すると、差玉の142.5個がプラスになる。

 

1日で2,000回転させた場合、

2,000÷55.8=34.84

34.84×142.5=5,107.2個のプラスとなる。

5,107.2個は、1玉4円で計算すると20,428.8円だぞ!

これが、期待値だ。

 

ベースや出玉がもっと良かった場合は期待値は高くなり、逆の場合は低くなる。

また、実際には当たりが多すぎて回せなかったり、少なすぎて期待値より回ってしまうこともある。

これが、仕事量だ。

 

パチンコ店は、全ての店が等価交換というわけではない。

なので、その分もちゃんと計算すれば対応することが出来る。

持ち玉で打った割合のことを、持ち玉比率という。

 

簡単に説明すると、終日現金投資した場合は持ち玉比率0%で、2万円投資して8万円の出玉を使った場合は、持ち玉比率80%となる。

これは後に必要となる数字なので、把握しておく必要がある。

 

INとOUTの玉数を把握する

これは、打つ台の期待値を計算するために、絶対に必要になる数字だ。

いくら使ったのか、また何個出てきたのかをしっかり把握しよう。

出玉の把握はパーソナルの店なら分かりやすいし、そうじゃなくても計数機で流して会員カードに入れれば良い。

 

会員カードを作ろう

会員カードを作ると、パチンコをお得に打つことが出来る。

カードに貯玉をすれば、翌日以降は手数料無しで打てる店も多い。

先に述べたが、カードに出玉を入れれば簡単に玉数も把握できる。

より勝ちやすくするために、会員カードは絶対に作ろう。

 

個人情報が洩れるからといって嫌がる人もいるが、そんなもん漏れたところで迷惑メールが来るだけで死にやしないw

しかし、パチンコの負けで自ら命を落としたり、家族を苦しめたりすることがある。

どちらが大切か、よく考えよう。

 

パチンコは決して甘いものではない。

パチンコ店が商売でやっている以上、打つ側も真剣に向き合わないと大変なことになる。

ぬるいことを言っていると、マジでケツの毛まで抜かれるぞ!www

 

ツールを活用しよう

この考え方がちゃんと理解出来たのなら、全ての数字をツールに入れれば簡単に期待値を算出することが出来る。

俺が使っている期待値計算ツールはこれだ↓↓↓

期待値計算ツール

無料で使うことが出来るぞ!

 

期待値2万円の台を1ヶ月に10日打てば、1ヶ月の期待値は20万円だ。

これを10ヶ月繰り返すと200万円の期待値になるよね。

200万円の期待値を積んだ頃には、先に述べた1,200時間を消化しているだろう。

 

無駄を無くそう

パチンコはINとOUTの差額が儲けになるので、徹底的に無駄を無くしてINを抑えよう。

単純に1玉の無駄を無くせば、4円のプラスになる。

逆に10玉落として拾わなければ、その時点で40円の負けが確定するからな!

 

同じような考えで、保留が全て埋まっているのに打った玉は無駄になる。

スタートチャッカーに玉が入っても無抽選だ。

また、大当たり中のアタッカーが閉じている時に打った玉も、全て無駄玉となる。

 

徹底的に無駄を排除しようとすると、INもOUTも止め打ちをしなければ不可能だ。

また、この延長線上に攻略法があることを知って欲しい。

まあ、いきなりは難しいと思うので、まずは落とした玉を拾うことから始めよう。

 

期待値が安いのに打ち続ける行為も無駄だ。

その時間で店を移動して、もっと期待値の高い台を探そう。

手元にある玉や時間は、全てあなたの貴重なお金と時間だということをしっかり理解しよう。

 

打った台の釘は見て収支をメモしよう

最低限、打った台の釘は見よう。

見る釘は、玉が通るところの釘を見れば良いだけだ。

玉は、上から下へ、そして広い隙間に流れていくんだ。

ごく一般的な物理的なことで、小難しい知識なんて要らない。

 

また、毎回打つたびに釘を見るようになると、だんだん違いが分かってくる。

最初は期待値の低い台(安い台もしくはマイナスとなる台)を打ってしまっても、釘を覚えられれば次回からはそれを避けることが出来る。

全く釘が分からないのは、見ようとしていないだけだ。

まずは、スタートチャッカーの2本の釘の幅から覚えていこう。

 

そして、収支等をメモすることを習慣にしよう。

実収支と期待値(平均値で計算した値)や仕事量(実際にこなした値)、打った時間、釘の様子をメモしていけば、自ずと力はついてくる。

俺のInstagramでは、その日に打った釘などを載せているので参考にしてくれ。

キャプションはおふざけなので、単純にニヤリとしてくれれば良いwww

 

スロットも同じ

バジリスク絆の設定6確定画面

考え方は、スロットやハイエナも同じだ。

スロットの場合は、設定でOUT玉に差が作られている。

OUT玉の多い台を打つのが高設定狙いだ。

 

また、ある部分だけ切り取るとOUT玉が多くなるので、その部分だけを打つというのがハイエナだ。

全てにおいて、確率論を基にした期待値計算をすれば、勝つ方法が見えてくる。

 

まとめ

長々と説明したがまとめると、この世にたった1つあるパチンコで勝つ方法とは、確率論を基にして期待値計算をし、高期待値台を打ち続けるということなんだ。

これをちゃんと理解して実践すれば、1年後には収支がプラスになっているはずだ。

マイナスだった場合は、理解していない、もしくは実践出来なかったということだ。

パチンコで勝つ方法と負ける方法が理解出来れば、勝つ方法だけすればいい。

 

考え方や取り組み方をこのベクトルに向けることが出来れば、あとは回数を増やしていけば良いだけだ。

サイコロは、100回より1,000回、1,000回より10,000回振った方が、本来の確率に近づいていく。

そこに、運や波、感情などは必要ないのだ。

パチンコで勝つ方法というのは、実にシンプルで簡単なことなんだ。

 

俺のYouTubeチャンネルでは、月毎のパチンコの実収支や仕事量、その月の雑感等を動画で配信している。

現在ちょっと止まっているんだが、手が空き次第更新するから待っててねwww

是非とも、チャンネル登録よろしくです!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧