【GoPro HERO7 Black】BACK-BONEのSIDEKICKでフレームレス化したら最高だった!

先日、GoPro HERO7 Blackをフレームレス化したんだ。

使ったパーツは、BACK-BONE(バックボーン)のSIDEKICK(サイドキック)だ。

あんな煩わしいフレームとは、おさらばだぜ~!!

 

 

GoPro HERO7 BlackをBACK-BONEのSIDEKICKでフレームレス化

始まりは、GoPro仲間のナカテツ先輩からの連絡だった。

「某ユーチューバーが紹介していたサードパーティー製のGoPro用パーツを、アメリカから取り寄せるけど要る?」と、お声がけして頂いた。

これは、BACK-BONEというメーカーが出しているSIDEKICKという製品だ。

もちろん、即答で「要ります!!」と答えたwww

 

BACK-BONE(バックボーン)のSIDEKICK(サイドキック)

んで、数日で届いたようで、俺の家に送ってくれたんだ。

このパーツなんだけど、今のところ日本で販売していないのよね~・・・

 

BACK-BONEのSIDEKICKを取り付け

BACK-BONE(バックボーン)のSIDEKICK(サイドキック)を取り付け

BACK-BONEのSIDEKICKの取り付けは、超簡単だった。

GoPro HERO7 Blackのサイドにあるリプレースメントドアを外して、そこにパーツをはめ込む。

更に、もう一つのパーツを下から合わせて、2本のスクリューで締め込むだけだ。

たったこれだけでGoPro HERO7 Blackをフレームレス化することが出来る!

 

ナカテツ先輩の一工夫

BACK-BONE(バックボーン)のSIDEKICK(サイドキック)にゴム製のキャップ取り付け

このフレームレス化なんだけど、GoPro HERO7 Blackのリプレースメントドア部分は枠だけになるので防水機能が無くなる。

しかし、ここでナカテツ先輩が一工夫して、ゴムシートでキャップを作って一緒に送ってくれて、全てが解決した。

いや~、マメなナカテツ先輩はマジで頼りになるwww

 

中には更にキャップを装着

ちなみに、ナカテツ先輩製キャップの中は、更にmicro HDMI用とUSB-C用のキャップを装着している。

これもナカテツ先輩に一緒に送って貰っちゃったぜ~!マジありがとうございますwww

これで、雨程度なら防水機能を維持できるぜ!

 

GoPro HERO7 Blackフレームレス化の効果

SIDEKICK取り付け完成-1SIDEKICK取り付け完成-2SIDEKICK取り付け完成-3SIDEKICK取り付け完成-4

GoPro HERO7 Blackをフレームレス化すると、フレーム分軽くなる。

しかし、そんなことよりバッテリー交換やmicroSDカードの抜き差しが簡単になるんだ。

いちいちフレームを開けてっていう、あの煩わしい作業が無くなるんだぞ!

 

コレ、超便利じゃね!?

 

コレ、超欲しくね!?

 

 

日本に無いけどね~www

 

 

 

まとめ

GoPro HERO7 Blackを、BACK-BONEのSIDEKICKでフレームレス化したら最高だった!

海外から取り寄せ出来る人には、マジでおすすめする。

ナカテツ先輩は、BACK-BONEのSIDEKICKの取り付けを更に工夫しているぞ~!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧