iOS 11からiPhoneのカメラでQRコードを読み取れるようになった!

今までiPhoneでは、QRコードを読み取る機能が標準装備されていなかったよね。

そのため、QRコードを読み取るためには、アプリを別途ダウンロードする必要があった。

しかし、iOS 11になってQRコードを読み取る機能が追加されたんだ!

これで、余計なアプリをダウンロードする必要が無くなったぞ~!

 

 

iPhoneでQRコードを読み取る方法

QRコードを読み取る方法

iPhoneで、この機能を使ってQRコードを読み取るのはとても簡単なので説明していこう。

なんと、標準のカメラアプリを開いてQRコードの上にかざすだけだ。

すると「~で開く」という通知が画面上部に表示されるので、これをタップすれば良い。

 

ただし、カメラアプリで写真以外のビデオやポートレートなどを選択していると、QRコードを読み取ることは出来ない。

なので、QRコードを読み取る時はカメラアプリの写真という項目を選択しよう。

 

QRコードを読み取る機能をオフにする方法

QRコードを読み取る機能をオフにする方法

この、iPhoneのカメラアプリによるQRコードの読み取り機能は、デフォルトでオンの状態になっているんだ。

しかし、場合によってはこの機能が必要ないということもあるかも知れない。

もしも、この機能が必要なくてオフにしたい場合は、設定→カメラ→QRコードをスキャンを、オフにすればいいぞ。

 

まとめ

今まで、iPhoneでQRコードを読み取る機能が標準装備されていないことに、俺はなんだかモヤモヤしていたんだ。

なんでiPhoneはこんな高性能なのに、ガラケーにすら有ったこんな簡単な機能が無いんだ!?って、ずっと思っていたんだw

しかしそんな俺のモヤモヤも、iOS 11が解決してくれたので報告すたw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧