ゴリラスクワットっていうのが強烈過ぎるw

C784_edawokuwaerugorira_TP_V

さっきTVを観ていたら、ゴリラスクワットってのが紹介されていた。

ダイエットを題材にしたTV番組だったと思うんだけど、半分ぐらい上の空で観ていたので、番組名までは分からない。

でも、ゴリラスクワットっていうフレーズにインパクトがあったので、ここだけガッツリ観たw

で、俺も早速ゴリラスクワットっていうのを取り入れてみようと思った。

ゴリラスクワットのやり方も、詳しく書いておきます!

 

【関連記事】痩せるためのジョギングは最大酸素摂取量の60%〜80%ぐらいの運動強度で走ることが大切だと知った!

 

ゴリラスクワットのやり方

ゴリラスクワットのやり方は、足を肩幅ぐらいに開いて、手をだら~んと前に垂らします。

お尻を引き、上半身は前傾姿勢にします。

で、通常のスクワットの要領で、お尻を突き出しながら膝を曲げていきます。

で、太ももが平行になったところで5秒停めます。

ポイントは、膝を極力前に出さないことです。

とか、確かこんな感じw

 

要は、スクワットをやった時にゴリラみたいな格好になるんで、ゴリラスクワットってことみたい。

んで、これを一日30回らしい。

こちらが、ゴリラスクワットのやり方を解説した動画です!

 

 

ゴリラスクワット、早速やってみた

早速、ゴリラスクワットのやり方通りやってみたんだけど、結構きついっすw

太ももと背中がもの凄くプルプルしますw

さすが俺っす!全然筋肉無いっすw

 

ゴリラスクワットを30回やった後、しばらく汗がひかないし、毎日やればかなり効きそうだぁ~w

たぶん明日は筋肉痛だなぁw

 

ジャンピングゴリラスクワットもあるw

ちなみに、ジャンピングゴリラスクワットというのもあるw

ジャンピングゴリラスクワットとは、ゴリラスクワットの進化形といったところだ。

先に説明したゴリラスクワットに、ジャンプを組み合わせたものなんだ。

 

ジャンプする場所は足を延ばすとこなんだけど、想像以上にきついwww

このジャンピングゴリラスクワットは、普通のゴリラスクワットにある程度慣れてからやった方が良い感じだと思う。

いきなり最初から取り入れても、ちょっと続けることが困難なぐらいしんどいんだwww

 

なのでジャンピングゴリラスクワットは、普通のゴリラスクワットに慣れて、更に負荷を増やすといったステップアップ用の運動と考えた方が良さそうだ。

番組でも、最後の追い込み的な感じでジャンピングゴリラスクワットを紹介していた。

同じような感じで、ジャンピングゴリラスクワットを取り入れる方法が良いと思う。

 

食事にも気を使うことが大切

やっぱり短期間で痩せるためには運動だけやっててもだめで、当たり前だけど食事にも気を使わなければならないらしい。

当然のように、糖質制限な感じが良いみたい。

具体的には、白米などを減らすといった感じ。

 

そうすると、ゴリラスクワットのような運動の効果がより大きくなるみたい。

時間も、夕方6時までに晩御飯を済ませるのが良いってTVでは言ってた!

ここは観なかったことにしておきたいところだw

 

糖質制限は何度かチャレンジしたことはあるんだけど、めちゃくちゃきついw

この部分は、ほんとに自分との精神的な戦いだと思うw

痩せたいという思いが強いかどうかで、糖質制限は成功するかどうかが決まる感じがする。

 

糖質制限を上手く取り入れて、ゴリラスクワットで鍛え上げれば、短期間で痩せることが出来るようだ。

実際に番組でも、短期間でかなり痩せていた。

うーん、やはり食事って大切なんだなぁ・・・。

 

まとめ

このTV番組を観て思ったことは、痩せたいならパーソナルトレーニングジムが最強だ!ということだった。

俺もたびたび自己流ダイエットに挑戦するんだけど、なかなか成果が出るまで続けることが出来ない。

合計したら、かなりのお金と時間を費やしているんだけどねw

 

その点、レーナーと1対1で行うパーソナルトレーニングジムの場合、さぼることが出来ないし、食事の管理までしてもらえるので、短期間で成果を出すことが出来る。

だらだらと自己流ダイエットの失敗を繰り返し続けるよりも、パーソナルトレーニングジムに通って短期間で成果を出してしまった方が、実は金銭的にも時間的にもお得なのかもしれない。

 

しかし、そんな時間を作るのも大変なのは事実だ。

なので、自宅でできるゴリラスクワットを試そうかといった気持になったんだ。

パーソナルトレーニングジムには行けなくても、プロテインなどを上手く活用して、自宅でできるゴリラスクワットでダイエットに挑戦してみようと思う!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧