いつの間にか、GoPro HERO Sessionだった。

いつの間にか、GoPro HERO4 Sessionがマイナーチェンジされていました。

マイナーチェンジされ、GoPro HERO Sessionとなっていました。

調べてみると、今年の4月22日からマイナーチェンジをして発売されていたようです。

では、製品の具体的な変更点はどうなっているのでしょうか!?

その辺のことも調べてみましたので、どうぞ~!

 

【関連記事】GoPro HERO6 Blackのバッテリー容量不足を解決してくれる猛者達を紹介する!

 

GoPro HERO Sessionへマイナーチェンジ

GoPro HERO Sessionへのマイナーチェンジの主な変更点ですが、名前から4という数字がなくなりました。

そして、品番がCHDHS-101-JPからCHDHS-102-JP2に変わりました。

製品の変更点ですが、本体そのものには変更点は無いようです。

しかし、付属のアクセサリーが大幅に変更されたようです。

 

アクセサリーが大幅に変更

今回のGoPro HERO4 SessionからGoPro HERO Sessionへのマイナーチェンジで、アクセサリーが大幅に変更になりました。

GoPro HERO4 Sessionの時に付属していたコンパクトフレーム、クイックリリースバックル、ボールジョイントバックル、コンパクトバックルが省かれました。

その代わりにGoPro HERO Sessionでは、新デザインのコンパクトバックルが付属するようになったようです。

価格は、定価29800円で変更無しっす。(※2016年6月16日から28500円に値下げされました)

マイナーチェンジ前の方が、アクセサリーが豊富でお得感があるといった感じですが、しょうがないですね。

ボールジョイントバックルが付属しなくなったのは痛いなぁ。

まあ、別売アクセサリーとして売れるから、そりゃそうなるかw

 

GoPro HERO Sessionの性能

GoPro HERO Sessionは、GoPro HEROシリーズの中で最小で最軽量のモデルです。

HERO4 Black/Sliverに比べて、約50%の小型化と40%の軽量化を実現しています。

外付けハウジング無しで10mの耐水性を備えていて、最高1080/60pでの撮影に対応します。

 

まとめ

今回のGoPro HERO Sessionへのマイナーチェンジは、

「今までちょっとやり過ぎだったから、アクセサリー減らすね!赤字になっちゃうからw」ってことですねw

付属のアクセサリーは減ってしまいましたが、このスペックで実売価格が30000円以下はかなりお得っすね。

特に、2台目、3台目の買い増しには最適だと思います!

ちなみに俺もそろそろ、サブ機としてGoPro HERO Sessionを買うつもりです。

手に入れたら、レビューしたいと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事一覧