この記事の所要時間: 332

 

いよいよGoProのニューモデルGoPro HERO4 Sessionが発売されます!

すでに7月12日より予約受付を開始していて、7月16日より発売する予定なんだそうです!

GoPro HERO4 SessionはGoPro製品史上で最小・最軽量モデルです!

このことを活かした使い方を考えていこうと思います!

GoPro HERO4 Sessionのスペック

GoPro HERO4 Sessionは、GoProシリーズのGoPro HERO4 Black/Slverと比べて、
50%小型化し、40%の軽量化を実現しているそうです。

そして画質面では、1080/60p、720/100p、1440/30pの動画撮影と、0.5~60秒から設定された間隔で800万画素の静止画の撮影が可能となっているそうです。

さらに、4:3のアスペクト比を16:9のアスペクト比に引き伸ばし、臨場感のあるワイドアングルな撮影が可能な「SuperView」モードと、暗所性能を向上させる「Auto Low Light」モードを搭載したんだとか。

う~ん、私には難しくてよく分かりませんw

きっと、高性能なんでしょうw

また、GoPro HERO4 Sessionは、GoPro HERO4 Black/Slveと決定的な使い方の違いがあります。

その決定的な使い方の違いとは、別途外付けのハウジングが必要無いということです。

さらに、その状態で10メートルまでの耐久性と防水性を備えているので、今までのGoPro HERO4とは一味違う使い方が出来そうですね!

 

ハウジング無しの利点

GoPro HERO4 Black/Slverも充分小型なんですけど、アウトドアでの使用では、ハウジングが必要になるので、結局一回り大きくなってしまいます。

その点、ハウジング無しで使えるGoPro HERO4 Sessionは、今までよりも、自然な感覚で使えるということですので、アクションカメラとしてはかなりの利点を感じます!

そして、GoPro HERO4 Sessionの重量は驚愕の74g!

この軽さは凄いですね!

今まで不可能だった使い方が出来る可能性が出てきます!

もはや頭に付けてもあまり重さを感じないレベルかも知れません!

 

不安要素はバッテリー

しかし、難点が一つあります。

バッテリーは取り外しが出来ないようで、使用時間などを考えると使い方としては、フィッシングシーンではちょっと厳しいかも知れません。

 

価格

そして、GoPro HERO4 Sessionの気になる価格は、GoPro HERO4 Sessionの価格は、定価52,000円(2015.7/16時点 税別)。

うん、まあまあ高いですw

性能を考えたらしょうがないか・・・

また、背面に液晶タッチディスプレイを搭載した「HERO+LCD」も発売されるようで、こちらも7月12日より予約受付を開始し、7月16日より発売されるようです。

こちらは価格は定価39,000円(税別)らしいです。

あ~俺、GoPro HERO4 Slverじゃなくて、HERO+LCDで充分だったな~w

 

ベストな使い方

フィッシングシーンで使うとなると、やはりバッテリーの持ち時間がやはり不安ですね。

肝心な時にバッテリー切れとか、絶対起こるでしょw

その点を考慮すると、GoPro HERO4 Sessionは、サブ機として取り入れるのが良いかも知れませんね!

GoPro関係の記事をまとめてみた!
GoPro HERO4 Silverを使い始めて一年ちょっと経ちましたが、いろいろな試行錯誤がありました。正直、動画というものをナメていましたwここのところ、やっと「動画を撮...

モリタクブログplusのFacebookページに
いいね!お願いしま~す!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!