この記事の所要時間: 256

一週間ほど前にNike+ Run Clubが最新バージョンの5.9.0となった。

このバージョンアップにより、Apple Watch Series 3のみを使用したランでも高低差のデータを見ることが出来るようになったりと、新機能も加わった。

しかし、バージョンアップ前と仕様が変わった部分もあり、慣れないと使い難く感じる部分もあった。

Nike+ Run Club最新バージョンの、一番いい使い方を書いていくぞ~!

 

バージョンアップで仕様変更

バージョンアップ前は、iPhoneでランを開始すると勝手にAppleWatchにも情報が反映され、手首でランデータをリアルタイムで見ることが可能だった。

しかしバージョン5.9.0になってからは、iPhone側でランをスタートすると、Apple Watchに情報が反映されない。

また、Apple Watch側でランをスタートした場合は、同じようにiPhoneに情報が反映されなかった。

いろいろ試してみた結果、どちらか片方を起動して、ランをスタートさせるというのが一番良いようだ。

 

Apple Watch Series 3の場合は、高低差なども含めた全てのランデータを取ることが出来るようになった。

なので、Apple Watch Series 3からランをスタートし、ラン終了時にiPhoneと同期させてデータを移行するという使い方がベストなようだ。

 

現状では、ジョギング時はiPhoneを持たず、Apple Watch Series 3のみで走っている。

Apple Watch Series 3のセルラーモデルの場合、これが一番いいと思うぞ~。

 

同期

Apple Watch Series 3がiPhoneとペアリング状態になったら、勝手に同期されてランデータもApple WatchからiPhoneに移行されているはずだ。

しかし、同期に失敗してデータ移行されてないこともあった。

その場合、iPhoneを再起動してやると、同期することが出来た。

 

まとめ

Nike+ Run Clubが最新バージョンの5.9.0となってからは、Apple Watch Series 3のみで走り、その後iPhoneと同期してデータ移行をするというのが一番いい使い方のようだ。

同期に失敗したら、iPhoneを再起動してみよう。

 

Nike+ Run Club

Nike+ Run Club
開発元:Nike, Inc
無料
posted with アプリーチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!