この記事の所要時間: 112

今までiPhoneでは、QRコードを読み取る機能が標準装備されていなかった。

そのため、QRコードを読み取るためには、アプリを別途ダウンロードする必要があった。

しかし、iOS 11になってQRコードを読み取る機能が追加されたんだ!

 

QRコードを読み取る方法

この機能を使ってQRコードを読み取るのは、とても簡単だ。

QRコードの上に、カメラをかざすだけだ。

すると「~で開く」という通知が画面上部に表示されるので、これをタップすれば良い。

ただし、写真以外のビデオやポートレートなどを選択していると、QRコードを読み取ることは出来ないので、QRコードを読み取る時は写真を選択しよう。

 

QRコードを読み取る機能をオフにする方法

この、カメラによるQRコードの読み取り機能は、デフォルトでオンの状態になっている。

もしも、この機能が要らなくてオフにしたい場合は、設定→カメラ→QRコードをスキャンを、オフにすればいいぞ。

 

まとめ

今まで、QRコードを読み取る機能が標準装備されていないことに、俺はなんだかモヤモヤしていた。

なんでiPhoneはこんな高性能なのに、ガラケーにすら有ったこんな簡単な機能が無いんだ!?って、ずっと思っていたんだw

しかしそんな俺のモヤモヤも、iOS 11が解決してくれたので報告すたw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!