この記事の所要時間: 19

 

Apple Watch Series 3に、LTE接続に関する不具合が存在していることが判明した。

これは、海外のレビュアーが使用していたレビューユニットの挙動から明らかになったようだ。

Appleもこの問題を既に認識していて、後日アップデートで修正すると発表している。

 

LTE接続に関する不具合

LTE接続に関する不具合ということだが、これはApple Watch Series 3を承認されていないWi-Fiに接続すると、キャリアの回線が使用できなくなるという不具合だということだ。

Apple Watch Series 3にはiPhoneのようにWi-Fiをオフにする機能が用意されていないため、LTEとWi-Fiが同時に存在する場合はWi-Fiが優先されると思われる。

この時、通信できないWi-Fiだった場合、そのまま接続された状態になってしまうのではないかと考えられる、ということらしい。

 

まとめ

早くも不具合が見付かったApple Watch Series 3だが、後日アップデートで修正するということだ。

iPhoneと同様に、Wi-Fiをオフにすることが出来るようになるのかもしれないね。

まあ、アップデートで解決できるなら、特に問題は無さそうだね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!