この記事の所要時間: 112

 

 

昨日の夜に、watchOS 4が正式にリリースされたので、早速アップデートしてみた。

このwatchOS 4へのアップデートだが、凄い時間がかかった。

今後アップデート予定の人は、1時間半はかかる覚悟をしておいた方がいい。

 

 watchOS 4

 watchOS 4では、新しい文字盤が追加された。

 

Siriの文字盤、万華鏡の文字盤、トイ・ストーリーの文字盤が追加されている。

その他はアクティビティ機能が強化され、ワークアウトの項目にプールスイミングの自動設定などが追加されている。

 

まとめ

 watchOS 4は劇的な変化は無いが、細かいところが変わっているといった感じだ。

んで、アップデートが出来る条件がかなり厳しいので注意が必要だ。

必要な条件は、

  • Apple WatchとペアリングされたiPhoneが手元にある
  • Apple Watchのバッテリーが50%以上ある
  • Apple Watchが充電器に接続されている

といった感じなので、注意してくれ。

 

とにかくアップデートは時間がかかるので、寝る前にアップデートを開始して、寝てる間に済ますのが最善策だと思う。

出かける前にアップデート開始とか、絶対に無理だからやっちゃダメだよ〜w

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!