この記事の所要時間: 27

Appleは、Apple Watch Series 3に搭載されているバッテリーの情報をまとめたApple Watch Series 3のバッテリーに関する情報を公開した。

これにより、Apple Watch Series 3のバッテリー性能が明らかとなった。

そこで、簡単にApple Watch Series 3のバッテリー性能をまとめてみた。

 

Apple Watch Series 3のバッテリー性能

1日のバッテリー駆動時間

90回の時刻チェック、90回の通知、45分間のアプリケーション使用、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながら30分間のワークアウトを行った状況下で、1日のバッテリー駆動時間は18時間となっている。

連続通話

Apple Watchから発信した通話で実施したテストによると、Bluetooth経由でiPhoneに接続した状態で最大3時間の通話、4G LTEに直接接続した場合、1時間以上通話が可能だったということだ。

オーディオ再生

Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生した場合、最大で10時間使用することが確認できたようだ。

ワークアウト

心拍センサーをオンにした状態で実施したテストによると、屋内ワークアウトは、Bluetooth経由でiPhoneに接続した状態で最大10時間を記録し、GPSを使用した屋外ワークアウトのテストではiPhoneに接続しない状態でGPSを使用した屋外ワークアウトで最大5時間、GPSと4G LTEを使用した屋外ワークアウトで最大4時間を記録したようだ。

充電

付属のApple Watch磁気充電ケーブルを使用して測定した結果では、本体を80%まで充電するのに約1.5時間、100%になるまで約2時間だったようだ。

CPUパフォーマンス

日常的なタスクのパフォーマンスにもとづいたテストを実施した結果、Apple Watch Series 3のCPUパフォーマンスはApple Watch Series 2の最大1.7倍の速さで動作することが分かったということだ。

 

まとめ

Apple Watch Series 3のバッテリー性能は、Apple Watch Series 2から格段に進化を遂げていることが分かる。

Apple Watch Series 3の予約開始は、9月15日の16時01分からとなっている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!