この記事の所要時間: 159

NTTドコモが、1つの電話番号をiPhoneとApple Watch Series 3などのアクセサリ端末で共有して利用出来る「ワンナンバーサービス」を、2017年9月22日から提供することを発表した。

料金は、月額500円での提供となるようだ。

 

ワンナンバーサービス

「ワンナンバーサービス」の提供開始 -1つの電話番号で、スマートフォンとアクセサリ端末の通話・通信を可能とするサービス- <2017年9月13日> 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、月額500円※1※2で、1つの電話番号をスマートフォンとウェアラブルタイプなどのアクセサリ端末で共有してご利用いただける「ワンナンバーサービス®」を2017年9月22日(金曜)から提供開始いたします。 「ワンナンバーサービス」は、ドコモの回線で利用しているスマートフォンの電話番号をウェアラブルタイプなどのアクセサリ端末と共有することで、アクセサリ端末もモバイルネットワークに接続ができるオプションサービスです。これにより、例えばスマートフォンを持たずにランニングなどのスポーツを行ったり、スマートフォンを置いて外出したりする際も、アクセサリ端末で音声通話やモバイルデータ通信が利用できます。 なお、2018年3月31日(土曜)までに「ワンナンバーサービス」をお申込みの場合、月額使用料500円が180日間無料となるキャンペーンを実施いたします。

「ワンナンバーサービス」は、ドコモの回線で利用しているiPhoneの電話番号をApple Watch Series 3などのアクセサリ端末と共有することで、アクセサリ端末もモバイルネットワークに接続ができるオプションサービスだ。

これにより、例えばiPhoneを持たずにジョギングをしている時でも、Apple Watch Series 3で音声通話やモバイルデータ通信が利用出来るようになる。

2018年3月31日までに申し込みした場合、180日間は無料で利用出来るキャンペーンも実施されている。

 

まとめ

NTTドコモでiPhoneを契約している場合、Apple Watch Series 3のGPS+Cellularモデルを使うなら、実質加入しないとならないサービスってことだね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!