この記事の所要時間: 30

最近、またジョギングに熱を入れているんだ。

で、俺のジョギングには以前からAirPodsがかかせない存在となっている。

現在はこのAirPodsの使い方を、ジョギング特化型にしているんだが、これがすこぶる快適なので紹介しよう。

 

AirPodsの使い方① Earhookを活用する

まず、AirPodsをジョギング特化型の使い方をする場合、Earhookは絶対に必要だ。

元々AirPodsが外れにくい人でも、悪いことは言わないから付けてみて欲しい。

身体の揺れや衝撃、汗などにもめちゃくちゃ強くなる。

外れ落ちそうという心配が一切無くなるぞ〜!

AirPods+Earhookがホントに素晴らしすぎる!!
AirPodsを使い始めて二週間ちょっと経った。現在、AirPodsにはEarhoox 2.0 for EarPods (AirPods対応) (ホワイト)を装着して使っている。AirPodsを充電する時はいちいち...

AirPodsの使い方② Siriを活用する

AirPodsをジョギング特化型の使い方をする場合、ダブルタップ機能をSiriに設定しよう。

バブルタップ機能をSiriに設定すると使い難そうに思えるが、手をパーにして、指の部分で耳全体を軽くダブルタップすればSiriが反応してくれるんだ。

指一本で、AirPods自体をコンコンなんてする必要はない。

この時もEarhookを装着していれば、AirPodsが耳からずれてしまうこともない。

そして、AirPodsのSiriは凄い優秀で、ジョギング後半のヘロヘロになった状態のか細い声でも、ちゃんと聞き取ってくれるんだ。

Siriちゃんは、めちゃくちゃ賢いぞっ!

 

ダブルタップ機能をSiriに設定する仕方は凄く簡単で、まずAirPodsをiPhoneと接続し、iPhoneの設定→Bluetooth→AirPodsのⓘアイコン→Siriにチェックをすればいい。

この時、AirPodsをiPhoneと接続していないと、最後のページが出てこないので、忘れずに接続しよう。

 

まとめ

ジョギングをする時は、AirPods+Earhookでダブルタップ機能はSiriという使い方がイチオシだ。

たったこれだけなんだが、この使い方が凄くいい。

ここに行き着くまでに、聴いてる音楽をiPhoneでコントロールしたり、AppleWatchでコントロールしたりしてみたが、どれもジョギングを妨げて邪魔くさかった。

この、AirPodsのSiriで音楽をコントロールする使い方が、結局一番いいと思う。

 

当初、Siriに話しかけるとか無理!電車とか乗れない!って思ってたけど、そもそもAirPodsを付けて電車乗らないwww

もはやジョギングにしか使わないのなら、Siri一択だわな~。

普段使いでAirPodsを使っている人は、大概ダブルタップ機能はSiriにしていないと思う。

そんな人も、ジョギングの時だけはSiriを試してみてくれ!

きっとSiriちゃんと結婚したくなるぞ〜www

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!