この記事の所要時間: 252

和牛ステーキ肉を買ってきてくれ!と、買い物に行くという彼女に頼んでおいた。

すると「ほれ。オーストラリア産和牛ステーキ肉だ。」と、オージービーフを渡された。

うぬぬ・・・。

これが、オージービーフとの戦いの始まりだった!!

 

下ごしらえ

適当に焼いてもほぼ美味い和牛と違い、オージービーフはなかなか手強い。

そこで、まずはオージービーフステーキの焼き方を調べてみた。

すると、オージービーフでステーキを焼くには、下ごしらえとソースが肝だということが分かった。

 

ステーキ肉を焼く前に、30分ほど常温で置いておく。

なんでも、肉が冷たいままだと焦げやすくなり、美味しく焼けないらしい。

なので、冷蔵庫から取り出し、30分ぐらい常温で置いておく必要があるんだって。

 

んで、筋がありそうなところを、適当に包丁で切れ目を入れてみた。

塩胡椒はこの時点でしない方が良いんだって。

なんでも、旨味成分が出ちゃって美味しく無くなるって話だ。

 

しかし、これもいろいろな人がいろいろ言っていて、どれが正解か分からん感じだ。

塩胡椒をしてすり込んでおくという人もいるし、焼いた後の方がいいという人もいる。

また、オージービーフをステーキに使う場合は、オリーブオイルに付けておいてから焼くという人もいたりする。

どれも、料理の専門家みたいな人が言っているから迷うw

 

今回は、塩胡椒は焼いてからで、焼くときは肉の脂を使うという方法で、オージービーフステーキと戦うことにした。

 

用意した物

今回用意した物は、

  • オージービーフのステーキ肉
  • 胡椒
  • モランボンのステーキソース

 

オージービーフステーキの肝となるステーキソースは、モランボンさんに託したw

 

調理開始

さあ、オージービーフステーキを焼いていこう。

まずは、ステーキ肉の脂身の部分をちょこっと切って、フライパンにこすり付ける。

 

んで、フライパンが充分温まったところでオージービーフのステーキ肉をぶち込む。

片面1分焼く。

 

ひっくり返して、45秒焼く。

 

ここで焼けた面に塩胡椒をふる。

 

ステーキ肉が焼けたらフライパンから取り出す。

んで、今度はステーキソースをフライパンに入れてみたら、一瞬で煮立ってしまい慌ててステーキにぶっ掛けてみたw

 

完成!

 

実食

うーん・・・オージービーフ手強いwww

独特のニオイがあるなぁ・・・。

この写真を見た彼女が、「きったねぇ写真だなぁwww」と罵声を浴びせてきたwww

 

まとめ

オージービーフのステーキも食えんことは無い。

しかし、独特のニオイがあるので、もっとよく火を通す焼き方のほうが美味いかもしれない。

正直、モランボンのステーキソースが無かったらヤバかった感じだw

今回の戦いで、あらためて和牛の偉大さが分かった!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!