この記事の所要時間: 144

watchOS 3.2.3が正式リリースされたのは7月20日と少々前だが、俺はやっとアップデートした。

今回のアップデートで、「Apple WatchにおけるSuica残高の表示誤り」が改善された。

なので、まだアップデートしていない人はアップデートをおすすめする!

 

Apple WatchにおけるSuica残高の表示誤り

「Apple WatchにおけるSuica残高の表示誤り」だが、これは結構使い難かった。

残高の表示がフリーズしているだけで、機能は何も問題なかった。

もちろん、残高も実際にはきちんとカウントしているので、残高があればちゃんと使えた。

 

最近は、俺の住んでる西日本でもモバイルSuicaが使える自動販売機が増えてきたようで、今、通っている仕事場にも2台ほど設置されている。

もちろん、俺も飲み物を買う時はそれを活用しているんだけど、残高の表示がフリーズしていて、ちょっと不便だった。

今回のアップデートでその「Apple WatchにおけるSuica残高の表示誤り」が改善されて、すこぶる使いやすくなった!

 

アップデートの時の注意点

アップデートは時間がかかる上に、条件があるので注意が必要だ。

  • Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にApple Watchがある
  • 50%以上、Apple Watchが充電されている
  • Apple Watchが充電器に接続されている

この条件を満たした上で、iPhoneのApple Watchアプリから、一般→ソフトウェアアップデートと進むと、watchOS 3.2.3にアップデートすることが出来る。

 

まとめ

watchOS 3.2.3にアップデートするには、かなりの時間がかかるので、寝る直前などにするのがおすすめだ。

具体的には、40分ほど時間が必要だと思っておいた方がいい。

なので、時間がある時にアップデートしてみてくれ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!