この記事の所要時間: 717

今年の春先、久しぶりにGoProのアプリを起動してみたんだ。

そしたら、今まで使っていたGoProアプリが「GoPro (formerly Capture) 」というアプリ名になっていた。

調べてみると、「GoPro (formerly Capture) 」の他にも「Quik」と「Splice」というアプリが増えていることが分かった。

その後、この三つのアプリをバッチリ使い込んでみたので、使い方を徹底解説していこうと思う!

ちなみに、「Quik」はiOS/Android向けに、「Splice」はiPhone/iPad向けに公開されていて、どちらも無料だ。

 

三つのGoPro向けアプリの違い

まずは、「GoPro (formerly Capture) 」「Quik」「Splice」という三つのGoPro向けアプリの違いから解説していくね~。

この三つのGoPro向けアプリには、それぞれ役割があるんだ。

大まかに説明すると、

  • GoPro (formerly Capture) ・・・GoProを操作するアプリ
  • Quik・・・映像を簡易的に編集するアプリ
  • Splice・・・映像を本格的に編集するアプリ

といった感じだ。

GoPro (formerly Capture) は旧GoProアプリと使い方は同じで、GoProの操作を行う。

そして、GoProで撮影した映像を、QuikかSpliceを使って編集するといった流れになる。

 

GoPro (formerly Capture) 

まずはGoPro (formerly Capture) だが、旧GoProアプリをずっと使っていた人は、特に迷うことは無いと思う。

GoPro (formerly Capture) になってから多少使い勝手が上がったと思うので、GoProの操作を快適に出来るはずだ。

初めて使うという人のためにGoPro (formerly Capture) の使い方を、順を追って解説しよう。

 

GoPro (formerly Capture) – Featuring QuikStories

GoPro (formerly Capture) – Featuring QuikStories
開発元:GoPro, Inc.
無料
posted with アプリーチ

GoPro (formerly Capture) の使い方 GoProとの紐づけ

①まず、一度もGoPro (formerly Capture) を使ったことが無い場合は、新規追加からGoProカメラを選択する。

 

 

②GoProカメラを選択したら、後はGoPro (formerly Capture) の指示に従っていくだけ。

 

 

③そのままGoPro (formerly Capture) の指示に従っていく。

 

④ただただ指示に従うw

 

一度GoProと紐づけ出来たら、次回からはGoProカメラの写真をタッチするだけで、紐づけされているGoProカメラを検索してくれる。

 

GoPro (formerly Capture) の使い方 GoProの操作

紐づけさえ完了していれば、GoPro (formerly Capture) からGoProを操作することが出来る。

そして一番大きなメリットは、HERO sessionなどのディスプレイが無いGoProの画角を、簡単に確認することが出来ることだろう。

また、GoProで録画した映像をその場で確認することも簡単に出来る。

必要な映像だけiPhoneなどに取り込んで、必要ない映像は削除して、SDカードの空き容量を確保することが出来る。

 

ちなみにGoPro (formerly Capture) とスマートリモートは、同時にGoProと繋ぐことが出来るんだ。

そのため、

  • GoPro (formerly Capture) からGoProの画角を確認。
  • その後はスマートリモートでGoProを操作。
  • 暇な時間にGoPro (formerly Capture) で録画映像の確認をする。

といった使い方が出来るんだ。

 

GoPro (formerly Capture) から録画映像を取り込んだら、QuikやSpliceを使って編集してみよう!

 

Quik

Quikは編集が苦手という人には、ほんと有り難いアプリだ。

使い方はもの凄く簡単で、GoProで撮った画像を選択し、用意された音楽を選ぶだけで、それっぽく編集してくれるんだ。

ここでは、Quikの使い方を解説していく。

 

Quik - GoProビデオエディタを使って写真やクリップを音楽で編集する

Quik – GoProビデオエディタを使って写真やクリップを音楽で編集する
開発元:GoPro, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Quikの使い方

  1. Quikを起動し、マイストーリーの+を選択する。
  2. iPhoneなどのビデオと写真にアクセス許可をしてあれば、ビデオと写真を選択できるので選択する。
  3. 選択すると、右上の「追加(?)」の?部分に数字が増えるので、ここをクリックする。
  4. すると、完成!

 

保存をする前に下段の項目を選択すると、微調整をすることが出来る。

♪マークで音楽を選択、真ん中のところで、各コマの編集が出来るんだ。

テキスト挿入やトリミングなど、よく使うであろう機能は備わっているぞ!

ちなみに、一番左はテンプレートの選択、右二から二番目はフォーマット、再生時間、音楽開始タイミングを編集することが出来る。

Quikで作った動画を観て、参考にしてみてくれ!

 

 

Splice

Spliceは、Quikでは出来ない高度な編集が出来るアプリだ。

Quikでの編集に慣れてくると、ちょっと物足りなくなってくるw

「ここをスローモーションにしたい」とか、「音楽をここから変えたい」とか、編集にちょっと凝りだしてくると思うんだw

Spliceは、そんな願望をかなえてくれるアプリなんだ。

使い方はQuikより多少複雑になるが、基本的にはQuikの延長といった感覚で使うことが出来るぞ!

 

Splice - のGoProビデオエディタ

Splice – のGoProビデオエディタ
開発元:GoPro, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Spliceの使い方

  1. Spliceを起動し、プロジェクトの+を選択する。
  2. iPhoneなどのビデオと写真にアクセス許可をしてあれば、ビデオと写真を選択できるので選択する。
  3. 選択すると、右上の「追加(?)」の?部分に数字が増えるので、ここをクリックする。
  4. 次にオーディオの追加だが、スキップも出来る。
  5. 次にプロジェクト設定。
  6. これでひとまず完成!

 

ビデオを選択し、更に下の各コマを選択すると、細かい編集が出来る。

 

 

オーディオの方を選択すると、ミュージックを編集することが出来る。

 

Spliceで作った動画を観て、参考にしてみてくれ!

 

 

まとめ

「GoPro (formerly Capture) 」「Quik」「Splice」という三つのGoPro向けアプリの使い方を解説してみた。

実際に使ってみたら分かると思うが、使い方は凄く簡単だ。

QuikとSpliceは編集という作業用のアプリなので小難しく思えるが、いくつかテスト的に動画を編集してみれば、すぐに操作を覚えるので大丈夫だ!

 

ちなみにこのQuikとSpliceだが、実はGoProを持っていなくても使うことが出来るw

なんと、iPhoneで撮った映像があれば、QuikとSpliceを使うことが出来ちゃうんだ!

遊び感覚で簡単に編集出来るので、みんなも是非使ってみてくれ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!