この記事の所要時間: 46

Nikeは「Apple Watch Nike+」の限定モデルとなる「Apple Watch NikeLab」を、4月27日から発売開始した。

ちょっとややこしいが、Apple Watch Series 2とNikeのコラボモデルが「Apple Watch Nike+」、そのコラボモデルの中で更に限定モデルが「Apple Watch NikeLab」となる。

 

Apple Watch NikeLab

モチベーションと動きが直結。ストライドに洗練されたスタイルをプラス。

アップル ウォッチ ナイキラボ (42mm) は、世界で最も革新的な2つのブランドが長年にわたっておこなってきたコラボレーションの最新作。限定版のナイキラボ スポーツ バンドには、耐久性と柔軟性に優れた軽量素材とNikeLabだけの限定カラーを採用し、通気孔を配して通気性を強化しています。スタイルとイノベーションが見事に融合したギアの登場です。

優れたディスプレイ

アップル ウォッチの明るいディスプレイなら、ペース、距離、タイムを簡単に表示可能。スワイプすれば、心拍数やルートなどの情報も確認できます。

軽さと通気性

調整可能なNikeスポーツバンドは、軽くて柔らかな素材に圧縮成型の通気孔を施し、通気性に優れ、いつまでも快適です。

モチベーションを高める機能

ランニングの履歴と天候をもとにして自分の情報が提供されるので、集中力を切らさず走り続けることができます。アップされた順位表で友達やライバルとラン情報を共有して、ネットワークで挨拶を交わし互いに前進しましょう。

商品の詳細

  • スペースグレーアルミニウムケースとライトボーン/ブラックNikeスポーツバンド
  • 42mmケース付きのバンドは手首回り140-210mmにフィット
  • iOS 10以降が実装されたiPhone 5、5c、5s、SE、6、6 Plus、6s、6s Plus、7、7 Plusが必要
  • S2デュアルコアプロセッサ GPS内蔵
  • 水深50mまでの耐水性能*
  • Ion-Xガラス
  • 2倍の明るさのOLED RetinaディスプレイにForce Touchを搭載 (1000ニト)
  • セラミックの背面
  • Digital Crown
  • 心拍数センサー、加速度計、ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • ダイレクトファイアスピーカーとマイクロフォン
  • Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • バッテリー駆動時間最長18時間**
  • watchOS 3
  • 同梱物:Nikeスポーツバンド (S/MまたはM/Lの長さに調整可能)、1mの磁気充電ケーブル、USB電源アダプター

*Apple Watch Series 2はISO規格22810:2010に基づく水深50mまでの耐水性能があります。これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティにはApple Watch Series 2を使用しないでください。

**バッテリー駆動時間は、用途や構成に左右されますので、実際の駆動時間は表示の時間と異なる場合があります。 原産国: 中国

 

価格&販売店

価格は38mmモデルが税別37,800円、42mmモデルが税別40,800円で、通常のApple Watch Nike+と同価格で販売している。

販売店だが、ナイキオンラインストア、またはNikeLab直営店Apple Watch at Isetan Shinjukuのみとなっているようだ。

ナイキオンラインストアで在庫を確認してみたが、今のところ在庫アリの状態となっていた。

 

まとめ

Apple Watch Nike+との違いは、バンドのカラーだけだ。

俺のように、既にApple Watch Nike+を持っている人は、バンドだけ販売して欲しいと思うよねw

今のところApple Watch NikeLabの、バンドの単体販売は未定だが、Apple Watch Nike+通常モデルのバンドが最近販売された事を考えると、可能性はありそうだ。

 

モリタクブログplusのFacebookページに
いいね!お願いします!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!