この記事の所要時間: 326

アークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKETが発売された!

今年はブラック×グレーで展開している、アークテリクス×ビームス / 別注 。

派手さはあまり無いが、クール感が出ていて、なかなかいい感じに仕上がっていると思う。

今回のアークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKETも、かなりクールだ!

 

アークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKET

春のライトアウター大本命
ライトシェルの代表的なモデル<BETA(ベータ)>をモノトーンカラーに別注。ブラック×グレーの2トーンにすることでより汎用性の高いデザインに仕上がりました。着丈が短く、スッキリとしたシルエットが特徴ですが、着用時の動きを考慮し立体的なパターンを採用。可動域や運動量も充分に確保しております。生地にはゴアテックス(R)を使用した透湿と防水に優れたアイテムで、アウトドアシーンだけでなくタウンユースとしてもおすすめです。

以前、俺はTHETA AR JACKETを購入した。

そして今回、アークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKETを試着する機会があったんだ。

なので、以前に購入したTHETA AR JACKETと比べてみようと思う。

 

 

BETA SL JACKETとは

その前に、そもそもアークテリクスのBETA SL JACKETとは、どんなジャケットなのかを詳しく説明しておこう。

まず、BETAという表記だが、アークテリクスの丈は、長い順に THETA>ALPHA>BETAとなっている。

なので、今回のアークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKETは、アークテリクスのジャケットの中で一番丈が短いモノということだ。

 

そして、SLの表記だが、これはSuper Lightスーパーライト)の略だ。

ちなみに、ARはAll Round Useオールラウンド)の略だ。

この二つの製品の特長は、

  • SL・・・2レイヤー。薄く、軽く、しなやかで、極限まで軽量化を施したデザイン。
  • AR・・・3レイヤー。一般的なアウトドアアクティビティーに必要かつ補強をプラスしたデザイン。

となっている。

 

アークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKETを試着してみた

アークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKETに袖を通してすぐ思ったのは、THETA AR JACKETよりもかなり薄手に作られている感じだなということだ。

さすがSuper Lightといった感じで、着心地も凄く軽くて快適。

釣りのウェアとして使うなら、早春よりも晩春向きといった感じだ。

 

そして、サイズ感がTHETA AR JACKETよりもすこし小さい。

BETAなので、THETA AR JACKETよりも丈が短いのは分かっていた。

しかし、丈が短いだけではなく、全体的にタイトに作られてる印象を受けた。

 

まとめ

今回のアークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKETは、晩春に活躍してくれそうなジャケットだ。

着心地は軽くて、見た目もあっさり作られているので、ウェア感があまりない。

なので、街中で着ても全く違和感は無いと思うぞ~。

 

そしてこのアークテリクス×ビームス / 別注 BETA SL JACKETなんだけど、購入できるのは現時点ではビームス公式オンラインショップのみとなっているんだ。

いいね!と思った人は、チェックしてみてくれ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!