この記事の所要時間: 616

最近料理に興味が出てきて、エクストラバージンオリーブオイルを買ったと、先日報告したよね。

そこで今回は、俺が購入したエクストラバージンオリーブオイルを紹介しようと思う。

これらは、ネットでおすすめ商品と言われているものばかりだ。

もちろん、全ての商品が本物と言われている世界基準をクリアーしている商品だ。

今回紹介するのは、実際に俺が購入してみた4種類のエクストラバージンオリーブオイルになる。

 

かなりリサーチした

この4種類の本物のエクストラバージンオリーブオイルを購入するまで、俺はかなり時間を費やした。

三日間ほど仕事をしながらリサーチし、厳選に厳選を重ねながら選んで購入した。

 

リサーチ元だが、主にネットの商品レビューなどの情報を参考にしている。

正直、俺のバカ舌でおすすめされてもアテにならないと思うんだw

ネットの商品レビューでおすすめされた方が、信憑性があると思うw

 

ちなみに俺の彼女には、

「勿体無い!またネットに騙されて!そんなのスーパーのも一緒だって!」

と言われた。

うぬぬ・・・。

気にせず本物のエクストラバージンオリーブオイルを紹介していく!

 

アルドイノ・フルクトゥス

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス 750ml

 

製造工程で不純物を取り除くのに、濾過フィルターを使わず、自然沈殿で分離したキレイな上澄みだけを使用。純粋に作られた果実ジュースのようなマイルドで柔らかな口当たりと、好みに左右されない優しい後味が特徴です。

アルドイノ社のオリーブオイルは、レッチオノ・フラントイオ・ビアンコリッラ・チェラスオーラ・ノチェッラーラ・カロレアという品種のオリーブ果実をブレンドして作られています。

繊細なエクストラバージンオリーブオイルは、その年の気候や果実の収穫時期などによって風味が変わってしまいます。種類の違うオリーブ果実をブレンドして安定した風味を作り続けることは、プロの料理人たちから高い信頼を集め、世界中のレストランで使用されています。

強いインパクトや刺激のないマイルドな味わいが特徴なエクストラバージンオリーブオイル。

コストパフォーマンスの高さから、炒め物におすすめ。

もちろん、ドレッシングにしたり、パンにつけたりしても美味しい。

俺の中では、なんでも用といった位置付けで購入した。

実際に味わってみると、確かにクセが無くあっさりしている感じがした。

 

Murado エクストラバージンオリーブオイル・プレミアム

Murado(モラード)モラードエキストラバージンオリーブオイル マイルド500ml

標高が高いヨルダンの砂漠は、寒暖差がはげしく虫も寄せ付けない過酷な環境。しかし、土壌に含まれるミネラル成分が豊富なので、栄養価が高く、質の良いオリーブが収穫できます。

モラード社では、世界最古と言われる「ナバリ種」という、ヨルダンとシリアの一部でしか収穫できない稀少な品種を使用。ミネラル成分をたっぷり含んだオリーブ本来の栄養を損なわないように、キズがついたり地に落ちた果実は一切使用せず、最高品質のエクストラバージンオリーブオイルを作るために、徹底した品質管理が行われています。

「エクストラバージンオリーブオイル・プレミアム」には、ヨルダン政府が発行する品質保証書が添付されていて、ヨーロッパユニオン企画のオーガニック認証を取得。ヨルダンエクストラバージン品質審査では、金賞を受賞した実力を持ちます。

健康のためにそのまま飲みたい人にもおすすめ出来るほどの、フルーティーな味わいが特徴のエクストラバージンオリーブオイル。

しかし、しっかりとしたコクがあり、焼き魚などの和食との相性も良いのでおすすめという情報から、魚料理用に購入した。

これは、マジでフルーティーだった!

まあまあ個性的だが、そんなに嫌なクセは無い。

 

フィオーレ・デル・ベリーチェ

ロンバルド シチリアエクストラ 500ml

シチリアの北西にあるベリーチェ谷のロンバルド農園で1928年より3代にわたり育てられた、土着の品種「ノチェラーラ・デル・ベリーチェ」で作られたエクストラバージンオリーブオイルです。

DOPにも指定されたこのオリーブは手摘みによって収穫され、コールドプレス製法で加工されています。

 

オリーブオイルらしいスパイシーな風味とほどよい苦みが特徴。

肉料理やグリーンサラダにおすすめという情報から、肉料理用に購入した。

これは、THE・オリーブオイルといった感じで、イタリアン好きには一番美味しく感じると思う。

 

ゾットペラ社 有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル

有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル ゾットペラ社 500ml ※2015年度産

樹齢450年を超えるオリーブの木から採取した果実を使ったゾットペラ社のエクストラバージンオリーブオイルは、少々クセの強い味が好みという人におすすめ。プロの料理人からも高い評価を受けるオイルです。

原材料に使用されている「トンダ・イブレア」という品種は、栽培されているシチリア島の中でもわずかな地域でしか収穫できない稀少品種です。苦味と辛味のバランスが絶妙で、オリーブオイルらしい香りと美味しさをしっかり楽しませてくれます。

個性がかなり強いらしく、好き嫌いの好みが分かれやすい味わい。

クセのないエクストラバージンオリーブオイルでは、インパクトが足りないと感じる時におすすめらしい。

これは、酔っぱらってパンチが欲しくなった時用に購入したw

これはまだ届いていないので、次回のお楽しみだw

 

まとめ

それぞれのエクストラバージンオリーブオイルを、パン、チーズ、生ハムに付けて味わってみた。

さすが、多くの人におすすめされている本物のエクストラバージンオリーブオイルだけあって、どれもこれもすげー美味いwww

 

俺の彼女にも、今回買ったエクストラバージンオリーブオイルを味わってもらった。

 

俺「スーパーのと比べてどう?」

 

彼女「美味しいね!美味しいね!(≧∀≦)」

 

俺「・・・」

 

彼女「やっぱり本物は違うね!(≧∀≦)」

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!