この記事の所要時間: 417

ランクルシグナスに乗りだしてからいつも思っていたことがある。

この車、広くて良いんだけど微妙に使い勝手が悪いってことw

特に、ロッドの置き場所にはいつも困っていたんだ。

タックルを釣り場に持って行くときには、いつも二列目と三列目のシートを畳んでいた。

そして、その畳んだシートの上にロッドを置いて運んでいた。

これがチョー面倒だったんだが、解決したので報告する!

 

ロッドホルダーは付けたくない

最初に言っておくと、俺はロッドホルダーは付けたくないんだ。

理由は、以前乗っていたアコードワゴンには付けていたんだが、イマイチだったからだ。

 

まず、普段の圧迫感が凄い。

ランクルシグナスでは圧迫感は無いかもしれないが、アコードワゴンでは凄かった。

これが、俺に悪印象を与えている。

 

更に、いちいちロッドを一本一本掛けなければならないという面倒臭さだ。

  1. ロッドを、ロッドベルトで束ねて車まで運んでくる。
  2. それを、一本一本ロッドホルダーに掛ける。
  3. 車から運ぶときには、再度ロッドベルトで束ねて運び出す。

って・・・、もう無駄すぐるw

 

アコードワゴンのときも、最終的にはロッドホルダーは付いているけど、全く使っていない状態だった。

トノカバーの上に束ねたロッドをそのまま置いて、釣り場まで移動していた。

ロッドホルダーは、只々俺を毎日圧迫し続けているだけだったw

 

トノカバーが無い

んで、ランクルシグナスに乗り換えたら、トノカバーが無かった。

この車には三列目のシートがあるために、ちょうどいい感じのトノカバーが無い感じだ。

なので、二列目と三列目のシートを畳むことによって、平らになったところに束ねたロッドを置いていた。

しかし、毎回いちいち二列目と三列目のシートを畳むのも面倒臭さいんだ。

 

んで、最近考えていたのは、逆に畳もうとするから使い勝手が悪いんじゃねーのかと。

もうこれ、シートを畳まずに、いかに使いやすくするかを考えようと思ったんだ。

すると、いいアイデアが浮かんできた。

 

トノカバーの代わりを制作

三列目のシートの背もたれの上と、二列目のシートの背もたれの上に、ロッドを乗せればいいことに気が付いた。

垂直な向きに、三列目から二列目に向かって、橋を架けるように置く感じだ。

 

しかし、問題点が一つある。

急ブレーキをかけたら間違いなくロッドが滑って、三列目の背もたれから外れる。

んで、リールの重みで下に落ちて、ティップ部分が天井に当たる。

んで、二列目シートの背もたれを軸にしてビヨ~ンってなって、あわわわっ!ってなるw

なので、もしも急ブレーキを踏むことになっても大丈夫なようにしなければならない。

小物を買って、ちょっと工夫して、トノカバーの代わりを制作してみた。

 

買ったものはラゲッジネットとキーリングだ。

価格は両方合わせても2,000円弱という格安だ。

 

9 MOON SUV 車用 ラゲッジ ネット ハリアー CX-5 エクストレイル フォレスター 等

PandaHall Elite 304 ステンレス 二重 平キーリング 丸カン 金具 パーツ ジュエリー DIY用 32mm 5個

 

このキーリングを二列目シートと三列目シートの、それぞれのヘッドレストの足に通す。

そして、そのキーリングにラゲッジネットのフックをかけるようにする。

これなら、たとえロッドが落ちてもネットで大丈夫そうだ。

というか、そもそもリールのハンドル部分がネットに引っかかっていたりして、ズレ落ちそうにもない。

 

完成

んで、完成!

 

 

 

 

あかん、ダルダルや~www

 

 

う~む・・・。

 

 

よし、二つに折り曲げてみよう!

 

 

 

はい、完成!!

 

まとめ

今回の問題は、僅か2,000円弱で解決することが出来る問題だった。

だいたいこんなことは、車を買ったばっかりの時にするんだよね。

俺の場合、もうすぐ丸4年が経とうとしている。

もっと早くやっとけばよかったw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!