この記事の所要時間: 315

先日、夜遅くにApple PayのSuicaでセルフの24時間営業のスタンドでガソリンを入れたんだ。

このスタンドの給油機の、Apple PayのSuicaに対するシステムは、まず一度Suicaに入ってる金額を給油機にチャージして、その金額内で給油をして、お釣りがあれば給油機からSuicaアプリにチャージされて返金という感じだ。

もちろん俺は、Apple Watch Nike+で決済したんだけど、返ってきているはずのお釣りがApple Watch Nike+に表示されていなかった。

えー((((;゚Д゚)))))))ってなったんだけど、給油機に備え付けのインターホンがあることに気付いて、それを押したらすぐに店員さんが来てくれた。

んで、事情を説明したら、「この時間は社員さんが居ないので対応出来ないっす。どうしましょう?」って言われて、更に、

 

えー((((;゚Д゚)))))))ってなったwww

 

次の日にガソリンスタンドに行く

結局、次の日の朝に電話して、もう一度ガソリンスタンドに行くことになった。

俺がガソリンスタンドに着いた頃には、社員さんがパソコンで調べてくれていた。

ガソリンスタンドの入出金データには、ちゃんと俺にお釣りを返した履歴になっていた。

社員さんと話した結果、やっぱりSuica側のバグかミスじゃないかって話になった。

 

ちなみに俺も、これは単純にアプリのバグなんじゃないのかと思って、ガソリンスタンドに行く前に、Suicaアプリのログアウト→ログインや、iPhoneの再起動などをやってみてたんだが、残高0円のままだったんだ。

しかし、SuicaアプリにあるSF利用履歴ってところから入出金の履歴を観てみると、お釣りが返ってきている履歴になっている。

これは、やっぱりSuicaアプリ側が怪しくなってきた。

 

Suicaアプリのサポートへ電話

自力では無理っぽかったので、Suicaアプリのサポートへ電話して聞いてみることにした。

するとやっぱり、履歴にお釣りは入っているとのこと。

表示が0円なのは、一時的な通信障害によってSuicaアプリに残高が反映されなかった可能性が高いということだった。

解決策は、Suica対応の自動販売機などにかざして、Suicaアプリに新しい情報を取り入れれば表示されて問題無く使えるようになるということだった。

 

ちなみにここは三重県で、Suica対応の自動販売機なんて激レア過ぎるw

というか、たぶん無いw

ということで、俺はSuicaアプリに新たにチャージしてみることにした。

すると、チャージ分とお釣り分の合計金額がちゃんと表示された!

 

や~、正直ホッとしたわw

ちゃんと解決しないと、怖くて二度と使えないもんねw

 

まとめ

ガソリンスタンドでレシートが出てきたら、当たり前だが間違い無く決済は完了している。

なので、レシートはちゃんと確認しよう。

もしも、Suicaアプリに残高がちゃんと表示されてない場合は、一時的な通信障害で反映されなかった可能性が高い。

その場合、新しい情報に更新すれば、反映されると思う。

しかし、残高0円の表示で買い物や改札通過は怖くて出来ないと思うので、Suica対応の自動販売機やチャージするといったことで、新しい情報に更新してみよう!

 

Suica

Suica
無料
posted with アプリーチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!