この記事の所要時間: 50

GoProからQUIK KEYというアクセサリーが発売された。

GoPro日本総代理店のタジマモーターコーポレーションからは、12月16日の現段階では、Micro-USB用とUSB-C用の2種類のQUIK KEYしか発表されていないが、実はもう一種類のiPhone/iPad用もある。

iPhone/iPad用はGoPro公式サイトでは発表されているので、こちらも紹介しておこうと思う。

 

GoPro QUIK KEY(Micro-USB)

Quik キー (Micro-USB) は microSD カードに保存された GoPro の映像を削除および編集するのにもっとも迅速で簡単な方法です。※1 micro-USB コネクターを Android 搭載のスマホやタブレットに接続し、Capture アプリを使用して※2 映像を転送して驚異的な GoPro ビデオを作成したり、シェアしたりすることができます。編集したビデオを Quik キーに保存することで、Android のスペースを節約することもできます。
・micro-USB コネクターで Android 搭載のスマホやタブレットに簡単プラグアンドプレイ。迅速で簡単です。
・microSD カードに保存した GoPro 映像にアクセス※1
・カラビナ タイプのクリップと耐候性カバーで、持ち運びも簡単
・Capture、GoPro モバイルアプリ※2 と連動して、データに簡単アクセス
・gopro.com/apps で無料の GoPro アプリを入手
・すべての GoPro アプリと互換性有り
※1 microSD カードは付属しません。microSD カードの互換性については、gopro.com/workswithgopro からご確認ください。
※2 本製品の使用には、無料の GoPro Capture モバイルアプリが必要です。

品番: AMCRU-001
JAN: 4936080892920

¥2,400(税抜)

 

GoPro QUIK KEY (USB-C)

Quik Key (USB-C) があれば、microSD カードに保存した GoPro 映像を素早く簡単に解き放ち編集できます。※1 スマートフォンやタブレットの USB-C コネクターに差し込み Capture アプリ※2 で映像を転送し、高品質の GoPro ビデオを作ってシェアしましょう。編集したビデオを Quik Key に保存しておけば、スマートフォンやタブレットの容量を圧迫することもありません。
・USB-C コネクター対応のスマートフォンやタブレットで使える簡単
・最速のプラグ アンド プレイ
・microSD カードに保存した GoPro 映像にアクセス※1
・カラビナ タイプのクリップと耐候性カバーで、持ち運びも簡単
・Capture、GoPro モバイルアプリ※2 と連動して、データに簡単アクセス
・gopro.com/apps で無料の GoPro アプリを入手
・すべての GoPro アプリと互換性有り
※1 microSD カードは付属しません。microSD カードの互換性については、gopro.com/workswithgopro からご確認ください。
※2 本製品の使用には、無料の GoPro Capture モバイルアプリが必要です。

品番: AMCRC-001
JAN: 4936080892913

¥2,400(税抜)

 

GoPro QUIK KEY(iPhone/iPad)

Quik Key (iPhone/iPad) があれば、microSD カードに保存した GoPro 映像を素早く簡単に解き放ち編集できます。1 iPhone や iPad に差し込み Capture アプリ2で映像を転送し、高品質の GoPro ビデオを作ってシェアしましょう。編集したビデオを Quik Key に保存しておけば、iPhoneの容量を圧迫することもありません。

  • iPhone と iPad で使える簡単・最速のプラグ アンド プレイ
  • microSD カードに保存した GoPro 映像にアクセス1
  • カラビナ タイプのクリップと耐候性カバーで、持ち運びも簡単
  • Capture、GoPro モバイルアプリ3 と連動して、データに簡単アクセス
  • gopro.com/apps で無料の GoPro アプリを入手
  • すべての GoPro アプリと互換性有り

出典:GoPro公式サイト

 

まとめ

まず、アレだよね、見た目が凄くカッコイイよねw

こんなアクセサリーをぶら下げてたら、GoProを使いこなしてる感が凄い出ると思うw

見た目だけでなく、実際に手軽に編集するには良いアクセサリーなのかも知れないね。

でも、釣り場でも雪山でもそうだと思うんだけど、現場でmicroSDカードを抜いてまで編集しようと思うのかというと、きっとしないなと思っちゃうんだわ。

結局、宿や自宅で編集するなら、あんまり必要性を感じられないんだよね。

面倒くさがり屋の人には、使いこなせないアクセサリーかもしれないね。

まあ俺が買ったら、きっと予備のmicroSDカード入れになるだけだと思うんだw

だけどそれはそれで、キーホルダー的に使う感じで良いかもしれないけどね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!