スイムベイト

公開日:2014.10.26 / 更新日:2017.11.15

スイムベイト「SAVAGE GEAR 3D Line Thru Trout」が凄い!

この記事の所要時間: 426

 

ベンパーカーマグナムスプーンの話題性が凄くて、その影に隠れてしまっている感がある、ちょっと残念!?なルアーがあるんだ。

そのルアーとは「SAVAGE GEAR 3D Line Thru Trout」というスイムベイトなんだけど、このスイムベイト、けっこう凄いぞ~!

このSAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutは、本物のトラウトから3Dスキャナーで型取りしてあるんだ。

なので、びっくりするぐらいリアルなスイムベイトに仕上がっているぞ!

 

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Trout

 

Savage Gear 3D 8 Line Thru Trout Swimbait Hitch 3 1/3 oz [並行輸入品]

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutは、アメリカ産のスイムベイトで、サイズが6インチと8インチと12インチがある。

さらにフローティング、スローシンキング、モデレートシンキングの3タイプあるようだ。

 

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutを購入

で、俺もさっそくSAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutを買ってみた。

大きさやボリューム感などを、既存のスイムベイトと比べてみよう。

 

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの8インチを購入

まずはSAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの8インチのフローティングを買ってみたんだ。

この8インチの使い道は、デッドスティッキング用だ。

ここ数年、初冬の池原ダムではデッドスティッキングでの表層の釣りがにわかなブームになっているんだけど、今回はそれ用に買ってみた。

 

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの8インチなら、重さは3オンス程度だ。

なので、ジョインテッドクローマグナム用のタックルでそのまま投げることが出来るんで、面倒くさくなくて良いじゃん!と思い、ポチってみたんだ。

で、いざ届くと、思っていたより小さい・・・

なんというか、ボリュームが無い・・・

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの8インチとハドルトラウト8インチを比べるとこんな感じ・・・

んー、やっぱSAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの12インチもいっとくかw

ビッグベイトの世界では、デカイは正義!だからねw

 

それと、コレ見て~!

せっかくヒレが曲がらないように作ってあるパッケージが台無しだw

やっぱアメリカは凄いね~、スケールが違うわw

きっとこのSAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutは、他には無い独特な動きでバスを誘ってくれるんじゃないかと思い、ワクワクしてしまうねw

アメリカさん・・・頼むからちゃんと検品して~w

 

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの12インチも購入

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの8インチはボリューム感があまりなく、俺的にイマイチだった。

なので、直ぐに12インチのSAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutを購入した。

おっ、今回はヒレがちゃんとしてるぞ!

アメリカさん、ありがとうございますw

 

で、このSAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの12インチなんだけど、もうね・・・めちゃくちゃデカイ!

ボリュームが凄い!んで、めちゃくちゃ重い!300グラムw

あっ!コレ、最初から釣れてるみたいになるやつだw

ちなみに、SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの8インチと比べるとこんな感じ!


なんかもう、SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの8インチが稚魚に見えるよねw

いやいや、これぐらいが良いんだ!

デカイは正義!だからねw

 

あと、SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutに最初から付いてるフックは、もう少しちゃんと刺さりそうなやつに変えといたほうが良さそうだぞw

スイムベイトの釣りは、一日のうちに何回もチャンスがあるわけでは無いからね。

その数少ないチャンスをモノに出来るように、万全な体制にしておくことが大切なんだ。

フック、ライン、この辺は釣りをしている時も無意識的にチェックするぐらいまで、習慣付けた方が良いぞ~。

 

まとめ

SAVAGE GEAR 3D Line Thru Troutの8インチと12インチを購入してみたので紹介した。

しかし、12インチは重過ぎて投げれるロッドが今のところ手持ちに無い・・・

んー、どうしようかな・・・ヨシッ!

しばらくは手投げでいきますw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

Twitter でモリタクをフォローしよう!

関連記事

  1. スイムベイト

    スイムベイト「SAVAGE GEAR 3D Line Thru Trout」をチューニングしてみた!…

    4月からの池原ダム釣行に向けて、現在いろいろ準備を進めているんだけ…

  2. スイムベイト

    デビルスイマーの使い方「タックル編」

    前回の記事で、デビルスイマーを使う時は、食わせを意識した使い方をすると…

  3. スイムベイト

    デビルスイマーの使い方&「デビルスイマーデッドスロー」

    デビルスイマーは現在、6インチのオリジナルと7インチのデビルス…

  4. スイムベイト

    マグナムスプーンを投げるタックルを考える

    さて、マグナムスプーンを投げるのにはどんなタックルが良いのでしょうか︎…

  5. スイムベイト

    マグナムスプーンのアシストフックを比較してみる

    マグナムスプーンのフックを、ジギング用のアシストフックに交換してみ…

  6. スイムベイト

    対ロクマル用アイテム!『ビッグベイト&スイムベイト』!!

    俺は基本的に、ビッグベイト&スイムベイトを中心にして、釣りをしています…

フィッシングの新着記事

ARCHIVES

  1. ジョイクロ

    尺ONEをナメるな!どこまでも飛んでっちゃうぞw
  2. ボート

    Kimple Boat 16フィートが日本に初上陸だ!!
  3. ハンドル

    【ZPI】パワーゲームカーボンハンドルタイプLがまもなく新発売!
  4. フィッシングデータ

    第3回N-1グランプリは圧巻のハイウエイト戦だった!!
  5. ガジェット

    Apple AirPodsの発売日に関しての続報が入って来たよ!
PAGE TOP