この記事の所要時間: 310

アークテリクスの製品ラインナップの中からパンツを選ぶ場合、ジャケットと同じように色々なタイプがあるので、ついつい目移りしちゃうっすよね~。

でも、アークテリクスの製品は価格が物凄く高いから、あれもこれもとポンポン買うわけにはいかないw

ですので、いろいろと吟味してから買いたいところっすね。

今回は多数あるパンツの製品ラインナップの中から、THETA SV BIBを紹介しちゃおうと思います!

 

THETA SV BIB

theta-sv-bib-black

説明

N80p-X GORE-TEX® により並外れた耐久性を持った全天候型プロテクションを実現、テキスタイルは柔軟で手触り滑らかです。膝部、下腿およびシートに補強素材を使用しハイウェア部分を保護。フルオープン サイドジッパーでサスペンダーを外さなくてもドロップシートが可能。靴紐用フック付パウダーカフスでブーツに簡単フィットしてズレません。定位置に固定することも可能です。ヘムにはコードシンチを採用、伸縮性ウエストが一体になって快適でスッキリした仕上がりに。フロントビブに付いた 2 つのスタッシュポケットに小物を収納。

 

フルドロップビブ

テクニカルアルペンの定番 Theta SV フィットはスリムな形に一体型の伸縮性ウエストを採用、中心で温かさを包み込んで、雪や隙間風を遮断します。フルドロップ シート オプションを採用してサスペンダーを外さなくても脱着可能のハーネス対応型です。

 

N80p-X

N80p-X 表面素材は、驚くほど耐久性があるナイロン テキスタイルで、Arc’teryx 社と素材パートナーのW.L.Gore 氏の間で5年間以上研究開発を重ねて、完成させました。平織りと高密度の糸番手によりタイトでフラットな表面に並外れた耐摩耗性を兼ねそなえました。

 

補強

ビブは激しい摩損を受ける部分に N155p GORE-TEX® Pro を採用しました。より丈夫なシートと下腿部には岩や雪対策に耐久性のある寸法を施して、全体の柔軟な肌触りにも妥協しません。

 

アルペンへの姿勢

アスレチック e3D フィットによりスリムなシルエットを確保し、内側にスペースを空けて冬用の最重装備にも対応しました。フルサイドジップによりパンツがブーツにすっぽり被さって、通気性も調整できます。補強されたインステップがエッジ、クランポンやバックルからのダメージを減らします。

出典:ARCTERYX

バスフィッシングに使う場合はSVだとオーバースペックって感じはするんだけど、THETA SV BIBはちょっと浅目のビブっていうところが良いんじゃないかなと思います。

 

価格

THETA SV BIBの現在の価格は、定価83160円です。

ALPHA SV BIBの価格が定価10万円オーバーなので、その価格と比べると、高性能なのになんだか安く感じますね・・・。

いやっ、感じねーかwww

 

まとめ

今回は、アークテリクスの製品ラインナップの中から、THETA SV BIBを紹介してみました。

アークテリクスのパンツの中では、THETA SV BIBは定番商品だと思います。

それにしても性能、価格、いろいろと脱帽っすねwww

モリタクブログplusのFacebookページに
いいね!お願いしま~す!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!