この記事の所要時間: 418

ランディングネットは必要か、それとも必要ではないか。

俺の場合は、トーナメントをやってた時は、もちろんランディングネットは使ってました。

その流れで、池原ダムに通うようになってからも、暫くは使ってましたね~。

今から20年近く前の事になりますね。

当時のランディングネットは形も古くさく、大きさも小さかったです。

「ランディングネット」と言うよりも、「網」と言いたくなるような感じでしたw

 

ランディングネット

ランディングネットとは、魚をランディングするためのネットですが、昔のランディングネットで、ロクマルクラスのバスをネットインするのは一苦労でしたw

入り口が小さくて、一発で入らないことが多くて、逆にバラしそうでw

しかも、ラバーネットはまだまだメジャーでは無く、ネットの網目も大きなものが主流でしたので、それにより尾ビレが切れるなど魚にダメージを与えてしまうことも考えられ、そのうち使わなくなりましたね~。

思考は都合よく変換され、やっぱハンドランディングや抜き上げた方が釣った感があるし~♪と考えるようになりましたw

それからはずっと、ランディングネットなんか要らねーわ!って思ってました。

 

ランディングネットの必要性

しかし、時は流れ、事情が変わってきました。

最近は、ランディングネットの必要性を感じています。

理由は、ビッグベイトやスイムベイトの登場により、トリプルフックでビッグバスを掛けることが増えたためっす。

ロクマルクラスになると抜き上げるのは不可能になり、ランディングネットが無ければハンドランディングをすることになります。

ハンドランディングするためには、バスの口を掴まなければならないのですが、その掴まなければならない口の中には、ビッグベイト用のデカいトリプルフックが入ってることになるわけです。

もうね・・・

トリプルフック危ないw

 

去年、某先輩がビッグベイト用のトリプルフックをざっくりと指にぶっ刺して、なんとか自力で抜こうとしてましたが抜けず、最終的には病院へ行かれてました。

その様子を見て、思いました。

思ってたより、大事になるw

 

 

某先輩は、タックルを片付けてる時の事故だったのですが、これをもしもハンドランディングの時にやったらヤバイなと。

指の先に、暴れるロクマルがぶら下がってたら気絶するなとw

これは、いよいよランディングネットが必要になってきた感が出てきました。

 

ランディングネットの進化

ランディングネットについて今まで全く興味が無かったため、ランディングネット事情がどうなっているのかあまり知りませんでしたが、いろいろ調べてみると、20年前からはかなり進化していました。

デカくなり、強くなり、軽くなっていました!

特にスゲ~やん!って思ったランディングネットが、今年発売された、メガバスのタイトルホルダー!

 

メガバス(Megabass) TITLE HOLDER(タイトルホルダー) 34600

 

タイトルホルダーはモンスターフィッシュを獲るために開発されたスペシャルスペック・ランディングネットです。
ネットフレームとシャフトには超軽量・高剛性カーボンを採用。軽く取り回しの良いデザインにすることにより、魚をより確実にランディングに持ち込むことができます。

【スペック】
全長:141.5cm
自重:600g(カバー除く)
フレーム素材:超軽量・高剛性カーボン
セット内容:本体・カーボンフレームセット・専用カバー

 

このタイトルホルダーというランディングネット、フレーム素材にカーボンを使っていたり、スペックがいろいろスゲ~だけあって、価格もスゲ~w

お値段、なんと定価37500円w

恐ろしや~w

しかし、これがロッドやリールなら普通の値段で、むしろちょい安いぐらい。

ランディングネットを大切なタックルの一つと考えたとしたら、特に高くはない価格なのかもしれません。

池原ダムでは、ランディングネットが折れたとちょいちょい聞きますが、どうもロクマルの重さにランディングネットが耐えきれなくなり、折れちゃうみたいです。

しかし、このタイトルホルダーなら大丈夫そう!

 

しかもこのタイトルホルダーというランディングネットは、その名のごとく、

「モンスターフィッシュを獲るために開発されたスペシャルスペック・ランディングネット」ですよ!

この謳い文句、凄く良いっ!

俺の中の購買意欲がぶち上がりっす!w

ヤバイ、ポチりそう!

助けて~w

モリタクブログplusのFacebookページに
いいね!お願いしま~す!

Twitter でモリタクをフォローしちゃおう!